科学的管理法

書棚をあさっていたら、しばらく前に手に入れた「科学的管理法」を見つけた。しっかり読んでいなかったと思い、読み返した。

○ マネジメントを管理と訳すべきではない

一般的に、テイラーの「科学的管理法」というと、土砂の性質に応じて最適な運搬作業量を算出して、シャベルの大きさを変えるといった、エキセントリックな話題が中心に紹介されている。

なるほど、確かにこのことが「科学的」という言葉に対応しているようであり、特定の作業のInputとOutputをコントロールすることから「管理」と訳してしまっているのかもしれない。

しかし、本書を通しで読むと、マネジメントに関する一般論が記載されていることがわかる。

本書の中で、マネジメントとの目的として
1.働き手を豊かにする
2.雇用主を反映させる
結果として、製品・サービスの値段が下がるので、利益享受の対象として消費者もいるとしている。

そのために、マネジメントの方法を、従来の「働き手が最大限の自主性を発揮して仕事に取組み、雇用主がその見返り特別なインセンティブを与える仕組み」から「課業管理を科学的に行う」ことを目指すとしている。

あくまでも科学的に課業を分析して作業の効率化を目指すのは手段にしか過ぎない。したがって、表題の「Scientific Management」は、「仕事を科学的に分析し最適な環境を構築することによって、経営管理を行うための考え方」とでもいうべき事柄を集約した言葉であり、単純に「科学的管理法」と訳すべきではない。

本書は奇抜で特別なことが記載されているわけではない。
それは、「科学的管理法は必ずしも、偉大な発明や道の驚くべき事実の発見を伴うわけではない(P162)」とあるように、現在では当たり前になっているIE的なアプローチを示しているに過ぎない。

それでも、本書が公開された時代背景を考えると画期的であったことは理解できる。結局は、革新というのは今を疑問に思って何かを変えてゆく活動の連続なのだろう。

○ システムとしての「科学的管理法」

P134に以下の記載がある。

有益な成果の数々は主に次のような点をよりどころにしていることがわかるだろう。

①働き手それぞれの判断に代えて科学を取り入れる。
②働き手が成り行きで仕事を選んで覚えようとするのではなく、会社の側で一人ひとりの人材を吟味、指導、育成した上で、つまり、ある意味で実験の対象とした上で科学的な視点から人選と能力開発を行う。
③各働き手に問題の解決を委ねるのではなく、マネージャー層が部下と密接に協力しながら、科学的な法則に沿って仕事を進める。

近年、マネジメントをシステムとして捉え、確実な成果を出すための仕組みを支えるモノというのは、概ねどの本でも同じ事が記載されている。

情報系での規範としてはCMMIがあるが、その中でプロセスを支えるモノは「知識・技術・ヒューマン」と捉えている。
最終的に生産活動に携わるモノが人である以上、人の性能ができばえを左右する。しかし前提として、それを実現できる技術が必要であり、その技術を適切にコントロールできる知識が必要になるという考え方だろう。

同じように、マネジメントシステムの要素として、「組織・機能」と「標準化された手順」、「仕事をする士気」がなければうまくゆかないと云われている。

○ 古典ではない

こうして改めて読み直してみると、今では存在しないような肉体労働を取り上げているが、マネジメントやIE等の原則を喝破しており、いまでも有効な考え方になる。
丁寧にデータを積み上げてゆくその姿勢は、KPIの開発姿勢にもつながる。
いまなお新鮮な気持ちで読める良書だと思う。

自己組織化と進化の理論(20180717)

1999年に初版本が発売されたこの本は、当時「複雑系」の第一人者であるカウフマンが著者となっている。

もともと複雑系は、自然の中の様々な動きや生命の神秘に迫ることを主眼とした研究分野だと理解している。
しかし、その取り扱っている分野は、企業・組織の行動原理に共通するものであり、より優れた組織内での人々の動きの研究にも応用できると参考図書として読んだことがある。

もっとも、その時には斜め読みだったのでほとんど記憶にない。
改めて読むと、なるほどと感じることがある。

第1章 無償の秩序

「生物学における非常に大きな謎は、生命が生まれてきたことであり、我々が目にする秩序が生じてきたことである。」で始まるこの説には、創発を「全体は部分の総和以上のものである」という言葉で表現している。

一般的に部分最適・全体最適という言葉が対応するが、事はそう単純ではない。
個々の活動は、その能力を100%出すわけではない。
様々な制約条件(例えば時間)があり、最適な選択や代替案の検討などもできないことがある。
これが、複数の人と話すと、多くの知見や考えるためのきっかけをつかむことができる。
個々の成果を寄せ集めて作る「総和」と、コミュニケーションとフィードバックの結果の「全体」ではアウトプットが異なる。

生命の誕生も「混沌」の中から生まれたというストーリーも、複雑な相互作用の結果としてみると組織も同じかもしれない。

大企業病というのは、結局は「部分の総和」が「全体最適」という考え方の行き着く先だというのであれば、これを防ぐための処方は昔から言われているように、組織内の活発な知の交流でしかない。

(20180717)

 

 

 

 

「事業を創る人」の大研究

今の事業が突然意味を無くしてしまう環境変化が起きうることを知っている。
「針のナガオカ」を思い出すとわかる。

「ナガオカ」の歴史は、レコードがCDに置き換わってしまった1980年代に激変したのではないだろうか。技術変化は、企業の生き方すら変えてしまうことを私たちは知っている。

製品のライフサイクルが短くなったことこともここ数十年で感じる、。
一つの商品がなくなると云うことではなく、何らかの観点で進化をしなければ生き残れないと云うことだろう。

もちろん懐古趣味を逆手にとった商品もあるが、常にモデルチェンジや消費者の好みに合わせた改変は行われている。

様々な意味で事業を新たに生み出す要請の圧力がある。
こうしたことを含めて「新事業」と考えると、この視点での書籍が少ないことに気がつく。

下記の書籍は、こうした視点での数少ないものになる。

著者の「中原淳」氏は、組織学習論などの本で少し知っており、研究者であることを承知している。単に、思いつきで本を書くのではなく、データに基づいて論を展開しており説得力がある。

この書では、新規事業を以下のように定義している。

既存事業を通じて蓄積された資産、市場、能力を活用しつつ、既存事業とは一線を画した新規ビジネスを創出する活動

新事業には、怪しげな都市伝説がある。
・ゼロベースで今までに何もないところから生み出される
・一部分の優秀な人材が会社の反対を押し切って成功を勝ち取る

結局ゼロベースで事業を興すというのは現実的でなく、今までの経営資源を使いながらでしか成果を出せる事業を出せないと云うことになる。
そのために何をしたら良いかは、この書籍を読んでほしい。

さて、そうした中で、一握りの優秀な人間が「おまえに任せた」といって成果を出せるかというと、それは幻想でしかない。著者も下記のように述べている。

経営者自らが新規事業にコミットし、優秀な若手社員とともに新規事業を創る、いわば「経営による率先垂範型プロジェクト」のほうが未来につながる新規事業が生まれる

多くの企業事例で、「新規事業アイデアコンテスト」のようなモノを開催していることが聞かれるが、ではそのうちどのぐらいが新規事業になるのか?

新規事業として始めたはずなのだが、一体どの程度寄与しているのか?

企業事例を見ると疑問符がつくこともある。

先の「都市伝説」では身も蓋もないことになり、企業にとっては何も役に立たないと感じていた。

この書ですべてが解決するわけではないが参考になる。

藤田嗣治

この春に訪れた秋田県立美術館を訪れるまでは正直あまり知らなかった。
直にその絵を見ると、息吹を感じられるような現実世界を切り取った迫力があるのに驚かされた。

家内は、こうした分野には造詣があり、すぐに藤田の乳白色の裸婦像や猫の絵、戦争画のことなどを話してくれた。
義父も、絵をたしなむ人で藤田についてもその画風に興味があり本などを収集していたようだ。
秋田県立美術館で藤田の絵を見たといったら、下記の本を貸してくれた。

上記は新書版ということもあり、手に取って読むには重厚かもしれない。
同じ本は文庫本でもあるので、そちらの方がよいだろう。

藤田が活躍した年代は、1910年頃を中心にパリでの活躍になる。ダリやルソーなど名だたる画家が活躍した時代だ。
そのなかで藤田の名声が確立してゆく過程は、その他の日本人画家にはない異彩を放っている。
結局藤田は「画家」であり、それ以外の何者でもない気がする。
そうした「画家」に対して日本人・日本社会がいかにさもしい態度をとってきていたのかを見せつけられる。

藤田の人間性を含めて好きになる。
藤田の絵を再び見てみたいと思う。

経営を強くする戦略人事

知人のコンサルタントが下記の書籍を上梓した。

彼らは人材マネジメントを専門分野にしているのでいわゆる人事部向けの書籍になっている。
ただし、単なる観念論や一般的なべき論ではなく、具体的な公道レベルの話が中心になっている。
教科書というよりはトレーニングツールとして使ってもよい内容になっている。

著者たちの問題意識がそのまま反映されている気がする。
巷の、結局は使えない書籍に比べるとかなり実用的になっている。

一方で、理想論的なアプローチではあるが、すべての企業や人材マネジメントに係る人が実践できるかと言えば「YES」と答えられない。読む側が問題意識をもって自社に適用することを実践するしかない。

各会社で、経営資源としtの人材をどう戦略上に位置付けるかを悩んでいる人にはぜひ読んでほしい。
すべてを適用する必要はない。
興味のある部分だけを読んでみてもよいだろう。

ただし、読むだけで終わらせないでほしい。
実践してほしい。

できれば、著者にフィードバックしてもらえると彼らも書いたかいがあるのではないか。
連絡先が分からないのであれば公開質問をしてはどうか。

久しぶりにしっかりした本に出合った。

はだかの起源(第1章まで)

はだかの起源(第1章まで)

私は日本アイアイファンドの理事をしている。(たぶん)
最も名目上なだけで、単に応援をしているに過ぎない。

その代表の島泰三先生から、「はだかの起源」(講談社学術文庫)が送られてきた。

新書版の「はだかの起源」は2004年気楽舎から刊行されており、島先生の真理に対するあくなき探求心を見せられた一書として驚かされた記憶がある。
この書籍が、学術的に再評価され文庫本になったことはうれしい。

先生の探求のアプローチは観察やデータに基づく事実を丹念に積み上げたものであり、経営マネジメントに係るものとしてもその姿勢を見習いたい。

本書は表題に「不適格者は生きのびる」と副題にあるように、毛皮を失うことが合理的であるはずはないという文脈で様々なことが語られる。

私自身は「進化論」は懐疑的だ。
生命が高々数十年という時間で死んでゆく運命の中で、形質を変えてゆくということがやはり実感できないからだ。マウスの実験を繰り返して進化しマウスができたかというとそんな話を聞いたことがない。

それでも「強いものが生き残るのではない。環境に適応したものだけが生き残る。」は説得力がある。
しかし、もしそうなら、「毛皮という完ぺきな防護服」を捨て去る理由は環境適応だったのか。
それは本書を読んでみてもらいたい。

「第一章 ヒトの裸の皮膚は自然淘汰で生じたはずはない」で始まる本書は経営者にとっても刺激的な本になるだろう。

「変革」という言葉がある。変わってゆくことが必然だとしてもそのやり方はいろいろある。
環境に適応できなくても戦う術はある。

RPAの威力(はじめにめにから第2章まで)

RPAの威力(はじめにめにから第2章まで)

■ハードウエアではなくソフトウエア

先日、聞きなれない言葉を見た。
Robotic Process Automation
RPAである。

どんな事例があるのかは、ネットの情報ではよくわからないので、最も新しい書籍を購入した。

言葉の印象から、ファクトリーオートメーションの一種かと思っていたら違っていた。

「PRAは、人間がパソコンで行っていた手作業を自動で実行するソフトウエアロボット」
という記載で始まるこの本は、最初から驚かされる。

ハードウエアのことではなくソフトウエアのことのようである。

また、その対象はというと想像していたものと違う。
下記の文章がそれを表している。

「RPAは、ホワイトカラーの仕事の生産性を革新的に高める技術であり、かつ、それらの技術を利用した業務改革手法である」

したがって、対象はブルーカラーではなくホワイトカラーである。
ホワイトカラーの仕事である知的作業に集中できるようにサポートするのがRPAになる。

■単なるオペレーションを自動化する

RPAの適用例として以下が挙げられている。

  • 販売処理、経理処理などの事務処理作業
  • 商品登録、在庫連携などのバック処理
  • 競合他社の動向、商品などのWeb調査
  • 社内複数システムにまたがる情報の収集・分析資料作成

さて、これはだれがやっているのだろう。
もし、本来は創造性の高い仕事をすべき人がやっているとしたら、組織全体の生産性が上がるはずはない。
実際、企業が人を減らし残業時間も減らしているとしたら、本来はこうしたオペレーショナルな部分は自動化しないといけない。
これを、ホワイトカラーにやらせていたら生産性が下がるだけではない。現場も疲弊する。
昨今の働き方改革で議論の抜け落ちている部分ではないだろうか。

一方で、これは働く人により「創造性」を求めるものであり、考えることが苦手な人たちにとっては脅威となる。
どんなデータを収集すべきかの判断、収集したデータを読み解く技術が必要になる。
漫然とした仕事人間のいる場所がなくなるという恐怖がある。

■実装は難しくない

具体的なツールはまだ調べていないが、こうしたオペレーションの自動化は昔からやっている。
考えてみたら、マクロでいろいろな自動化をする個別のパーツはそろっている。
後はそれを場に応じて組み合わせるかなのだと思う。

ロボットの世界でも、産業用ロボットに対して協働ロボットというカテゴリーがあり、そこではティーチングにより反復作業を学習させるというアプローチがある。
ソフトウエアでも、
・個別ツールへのログイン/ログアウトを自動化させる
・ファイル操作、編集、定型作業や集計を行う
・おわったらマネージャーに報告する
という、人間と同じ作業をさせることは可能であろう。

基幹システムをこれで行おうとすると大変だが、個別業務に適用させることはできそうな気がする。
意外と浸透は早いかもしれない。

■格差はもっと広がるかもしれない

創造的な業務に使う時間が一番大切だというのに、「残業を減らせ」という大号令のもと、手っ取り早く「創造的な時間を減らして日常業務の作業時間を確保している実態」は間違っている

と著書の中で述べられているように、至極全うだろう。
正論ではあるものの、誰もが「創造的な仕事」をできるわけではない。
創造的な仕事を求めるのであれば、それに対する動機付け、仕事をするための能力開発と環境、それにふさわしい報酬体系を整備しなければならない。
そうしないと、結局はできる人とできない人の格差が広がるだけになる。
優秀でなければ仕事を任せられないということであれば、そうしたリスクに対してどうするのかを考えておく必要がある。

■知りたい事

さて、まずは第2章まで読んでみた。
実際の事例を見てゆくとともに、実装のための情報も整理してゆきたい

2018年5月17日

できない理由はない

読んでみたい書籍

いつか読んでみたい書籍

【神去なあなあ日常】 三浦しおん

「舟を編む」で一躍有名になりましたが、この本はその前の2012年に書かれた小説になります。余暇を過ごすときにそばに置いておいてもよいかと思います。

【三代、100年つぶれない会社のルール】 後藤敏夫

中小企業どころかもっと小さいファミリー企業を含めると99%はそうでないかと思う。そうした企業は、余計な雑音が入りにくく、かえって長命になることもある。さて、どんな共通点があるのだろうという好奇心を満たしてくれる。

【市場主義のたそがれ】 根井雅弘

リーマンショックの前後に書かれた書籍。市場は科学の対象とはなり得ない。なぜなら常に環境が変わるから。今の状況が望ましいのかを再度考える書籍になる。

【いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ】 吉川洋

ケインズの経済学を研究している人の著。経済学を考える一つのフレームになるので参考になる。

【IFRSの衝撃 国際会計基準が企業を変える】  藤井 保紀

【みるみる身につく決算書完全攻略ノート】 井口 秀昭

【世界一わかりやすい会計の授業】 林 總

戦略と戦術を考えるための本

私の尊敬する先輩から、戦略に関する本を久しぶりに見たということで以下の三冊の本が紹介されていました。

普段は出歩くことがめっきり減り、本屋にすら足を向けなくなってきました。時々でも本屋に出向かなければいけないなぁと感じます。

 

ファースト&スロー

ヒトはどのように判断をしているのだろうか?
直感に基づく判断、理性を駆使しての判断。それぞれをシステム1、システム2と呼び、これを中核としたさまざまな事柄が展開している。このシステム1、システム2を指して、表題の「ファースト&スロー」が付けられてのだろう。

本の中心的なテーマは、「なぜ、人は合理的な判断ができないのか」ということがある。

ところどころに統計的な話が出てきており、全く数学的な話が苦手という人は少し注意したほうが良い。最も呼び飛ばしたからといって問題があるわけではない。

ただし、近年話題になっているベイズ統計なども出てきており、確率の計算方法が理解できないとなぜこのような結論になるかがわからないところもある。

すこし、中核となるシステム1とシステム2について記述する。

システム1は、一言でいえば「直感」に近い概念だ。それを支えるのは、理性ではなく記憶になる。記憶といっても、多型的に蓄積されたものではなく強く印象として残っている記憶だ。したがって、直近の大きな出来事に左右される。一方システム2は理性で判断するものの、基本は「怠け者」であるためにめったに出てこない。

さて、そうするとどうなるか。多くの意思決定は印象強い経験に基づいて判断するために往々にして錯覚を引き起こす。こんなはずではなかったということの根源はここにある。

「なぜ人は勘違いするのか」、「なぜ人は合理的な判断ができないのか」というのが本書のメインテーマにしていろいろな角度から、実験結果を基に議論を展開しているのかが特徴の書籍になっている。

著者のカーネマンは心理学者である。心理学の研究分野は人を対象とするために、そもそも事象は再現性に乏しい。特に「こころ」の問題は一筋縄では行かない。いくら説得性の高い文書であってもすべてを受け入れられるわけではないが、それでも科学的な実験や統計学を論の基礎としているので示唆に富んだ話になっている。

書籍は、上下二巻になっておりかなりのボリュームでそれなりに読みごたえはある。ただし、章立ては細かく整理されている、一節を読むのに10分程度で片付くだろう。少しずつでよいので少し挑戦してほしい。