ターナー展

昨日、新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館という長ったらしい美術館にターナー展を見に行った。

昨年から、気になっていた一連のテーマ、「19世紀の絵画」「風景画」の最後の仕上げ的な観覧になった。

春先には「ホキ美術館」を訪れ、精密画としての風景画を鑑賞した。
残念ながら、すごいと思うものの、それほどの感動はなかった。

ターナーの風景画は、中央にランドマークとなる建物が小さく描かれ、そこに向かって人や動物、自然の樹木などが配置されており、目の動線を意識したものとなっている。
その技法は、吉田博に影響されているといわれており、確かに以前みた彼の絵の技法に表れている。

風景画は、旅行案内的な意味合いも含んでいたようで、それとわかるものであり、どこともわからない風景を描くものではない。

作品は「水彩画」が多い。絵具は透明なものではなく顔料を含んでおり塗り重ねができるようだ。そのため「油彩」かと見間違うほどの重厚感があり驚かされる。

かれの作品には、詩の挿絵として銅版画なども数多くあり、その精緻さには驚かされる。
展示は、水彩とそれを版にしたものが併設されており、水彩画の雰囲気を損なうことなく版画にしているその技術に驚かされる。

正直、日本の画家が描く風景画が雑なものに感じてしまう。
彼の作品の精緻さを見ると、いかに細部にまでこだわっているのかを感じさせる。

帆船を主題にした絵も多く残されている。
有名なところでは「ミノタウルス号の難破」だろうか。

彼の生きた1800年前後は、フランスとの戦争の真っただ中でフランス革命、ナポレオンの台頭で、海洋での軍事的なぶつかりがあった時代だろう。
題材もドーバー海峡を背景にしたもの、戦艦を題材にしたものなど、海洋国家イギリスを象徴させる作品が多い。

歴史的には、ロマン主義といわれる作風の時代であり、印象派などにつながるはざかい期にあったのかと思う。

先日見た、ルーブル美術館展では、ルネサンス以前の宗教画からの画風の流れを感じたが、ターナーの絵画は、それとは異なり、おそらくはその時代の最先端の技法を模索していたのではないだろうか。

絵を見ただけで、「これはターナーの作品」とわかるように技術を磨き上げていたのかと思う。

秋口にはまたすぐれた作品を見る機会もあるだろう。
それまで少し休憩。

 

 

 

 

ハーモ美術館

6月2日、3日の土日は諏訪湖に滞在。
久しぶりの諏訪湖になる。

ホテルが建ち並び景観も大分変わったが、それ以上に美術館が増えているのでびっくりする。郷土の資料館のようなものもあり、美術・芸術の街にしてゆくのかという勢いだ。

観光というわけではないが、今マイブームの「美術館」巡りをしてきた。
といっても、何カ所もいけるわけではないので一つだけだが。

ハーモ美術館。
この美術館は1990年に創設されたということなので、それほど古いわけではない。

展示は「グランマ・モーゼス」「アンリ・ルソー」の絵を中心に、1890年から1910年頃の時代に活躍した作家の作品が多い。
「グランマ・モーゼス」は、アメリカ人女性で、その題材は人々の集う田園風景が多い。あまり知られていない作家だが私は好きだ。
風景画が多い、この年代の作家の画風を表している。

20世紀初頭は、先日秋田美術館で見た藤田嗣治がパリで活躍していた時代に重なる。
モノの本によれば、アンリ・ルソーなどは「素朴派」呼ばれる範疇らしい。
宗教的な要請や時代の権力者・貴族などの要請で描かれた絵画が、画家自身が書きたいモノに移行していった時代ではないだろうか。

印象派のような絵画の技法ではなく、美しいと思ったモノを自分の筆で素直に書いてゆく時代になってゆくのが感じられる。

ただし、どうしても「単に絵を描きました」という印象を拭えず、心を奪われる絵画がなかったのが残念。

入り口にあるオブジェ撮影は入館した人へのサービス。

2018年6月3日

秋田県立美術館

先日、秋田に用件があり、空いた時間で秋田県立美術館に訪れた。

○ 美術館

現在開館している秋田県立美術館は安藤忠雄氏の設計によるもので、コルビジェが設計した国立西洋美術館を彷彿させる美しさがある。

今は閉館しているが、千秋公園入口に旧の県立美術館も美しさがある。

美術館を見るだけでも訪れる価値がある。

○ 藤田嗣治

常設として藤田嗣治の作品が展示されている。
残念ながら、展示すぺーるは広大とはいいがたく、数十点に展示にとどまっている。
今回の展示は、藤田が昭和11年に日本に戻る前の南米を旅行した時の絵になる。

人物画が主体となる。
藤田といえば、パリで活躍し、裸婦や猫など。真珠を思わせる色使い筆遣いが有名だが、今回は南米独特の赤色が前面に出ている。
藤田の作品などはテレビの紹介記事で数点を見るだけであまり知識はない。
こうして、まとまって絵を見る機会はないので、秋田に立ち寄った人にはぜひ来てもらいたい。

芸術とは何かと考えさせられる作品群だ。

多くは人物像であった。書かれている人物の目は力があり、絵からは熱気や物憂げな空気感などを感じる。
写実的ではないのに、リアルに感じるのはなぜだろう。

先日、ホキ美術館で写実的な絵画ということで様々な絵を見る機会があり、その中には女性像なども数多くあった。
いずれも、感動するような精緻さで驚いたが、藤田の絵のような息吹は感じられなかった。
写実的に書くということとリアルというのが別物なのだ。

写真であれ、絵画であれ一瞬を切り取るものであり、それを切り取る意思が作品には表れるのだと思う。
藤田の絵からは、きっと人が好きなんだろうなという印象を受ける。

○ 夜と美術

企画展としては「夜と美術」として、現代画家の作品が展示されている。
「夜」をどうとらえるのかで作風がいろいろ違っていて面白い。
単純に「死」を暗示させる不吉な絵、「死と再生」のメッセージ。
「静寂」ととらえる日本風の作品
作者がどうとらえるのかの多様性を見ることができる。

○ カフェ
正面に、旧秋田県立微絨感が見える。
目の前は水をたたえたプールがあり、緑と空を映し出している。
これ自体が絵のようであり、のんびりを眺めているだけで満たされる。
贅沢な時間を味わえる。

2018年5月22日

予期せぬ景色に出会うと素直にうれしい

この宿は、ダイヤモンド富士を撮影することで知られる有名な宿であったようだ。そんなことは知らないで、適当に選んだので少し驚いた。
友人に言わせると、「その筋では有名」とのこと。我が家のいい加減さに驚いたのではないだろうか?

ダイヤモンド富士は、4月、8月が適しているようで、また赤富士はもう少し後、11月が旬のようだ。紅葉のもまだ早く季節外れというわけだ。
どうりですんなり予約できたわけだ。

また、平日もあってそれほど混んでいないのでのんびりできた。

夜明け前の富士山を見れたのは、天気に恵まれたこともあるが、息子が気を利かせて日の出に合わせて目覚ましをセットしてくれたおかげでもある。感謝。

こうして夜明けの富士を見ていると時間が止まったような気がしてくる。自然の風景の偉大さを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

宿の前には遊歩道があり、そこを降り立つと木立に囲まれた静かな空間が用意されている。この季節なので華やかさはないが、目を凝らすと、普段は目にしない生き物や植物に出会う。これもうれしい。

近場の観光地ということで適当なところを回ってみた。日曜日はそれなりに混んでいたのだが月曜ともなるとぐっと観光客も減ってくる。

 

写真は「白糸の滝」
まぁ、命名についてはどうなの?というようなセンスだが、それなりに大きな滝で目を楽しませてくれた。水しぶきの向こうには虹も見えて美しい。

富士山からの湧水なのだろう。水が豊富にあるということの豊かさを感じる。日本ならではの良さなのだと思う。

さて、次は何を見に行くかな。

人それぞれの憧憬

私自身は、小さいころ転々と引っ越しをしたせいか山と緑に囲まれた故郷というものは持っていない。大都会かどうかはともかく、住宅やビルのイメージが心の中を占めている。

ここ数年、用事がない限り都心に出ることがないために、たまに昔頻繁に訪れていた町並みは憧憬を誘う。

ここ最近、久しぶりに新橋に来ることが多くなった。カフェで昼食をとりながら街並みを見ていると新旧の面影をそれぞれ持っているので面白い。

明治時代のガス灯を模した街灯は当時の面影を出そうとしているのだろう。その風景の向こうには巨大なビルが立ち並び、とても明治の雰囲気ではなく、まさしく現在の喧騒を表している。

今から20年近く前に元居た会社があり、何回か出入りしていた。当時のビルはもうすでになく、またカフェの目の前の土地は更地になっており大きく変貌してゆくことになるのだろう。

昼食時だったせいもあるのかもしれないが、サラリーマンが多いものの、いろいろな服装のイデタチの人もあり、日ごろは人並みのあまりない谷塚でぶらぶらしている身には、この人込みは少し疲れてしまう。昼はゆっくりコーヒーを飲むことを好んでいるのでスタバに入ろうとしたのだが、これはまた混んでいる。

いつもビル工事をしており、喧騒の中で人が行き交うというのは疲れるというのが本音だが、一方でほっとする自分もいる。
それでも、夕焼けを眺めると、小学校に上がる前にいた田舎のことも思い出す。
どちらが自分の心象風景なのだろうか。

怪しげな樹木

今日は「竹橋」で下車して周りを眺めてみた。

滅多に来る場所でもないので、興味をそそるものが数多くあった。

竹橋1b出口を出て、右手に首都高を見ながら横断歩道を渡るとその先に国立近代美術館がある。
最近の美術館のブームなのだろうか、私自身もこうした美術館に興味があり、今日は訪れる時間がないもののしばし眺める。

現在、「日本の家」をテーマに展示をしている。さすがにテーマが地味なせいだろうか、混んでいるという雰囲気はない。建物は矩形の塊であり、芸術性というよりは機能性を樹脂した設計というのは言い過ぎだろうか。建物自体の面白さは、近くにある工芸館の方が興味をそそりそうだ。

ここまでくると、高い建物はなく緑が多くなる。左手には皇居があり、なるほど皇居ランナーが走っている。近くをクルマが走っていることを除けば気持ちの良いランニングコースだろう。右手に曲がったところに、今日の行き先、「科学技術館」がある。

緑の中の一角にあり、とても何かのついでに来るロケーションではない。道の真ん中に、大きな木が鎮座しており、きっと昔からある木なのだろうとつい写真を撮ってみた。

近くの小学生か何かだろうか、子供たちが中で見学していた以外はあまり人がいるという印象ではない。あまりの混雑で行くのを断念する美術館・博物館がある一方でこうした閑散とした場所があるのはどう考えてよいのか。

さて、天気の悪い中での緑の中の散策。すこし謎めいた雰囲気もあり嫌いではない。できれば、人工物が全くない方が面白いのだが。

地下鉄変遷

 先日、五反野付近で見た夕焼け。

あまりの見事さに思わずカメラを向けたが、残念!どうしても見た通りには映らない。それでも、その美しさには見とれてしまう。

この少し前には、スカイツリーの横に虹がかかっていたのを車窓から見た。地上から天に向かって伸びるその姿は、美しいとしか表現できないのがもどかしい。

車窓からなので、一秒ぐらいしかその姿を確認できない状態が何回か続いた。「おっ」と声を上げると、近くにいた女性が思わず窓の外に目を向けた。果たして短い時間で見ることができたかどうか?

社内を見回すと、あいかわらずスマホをいじっている人が大半で、外の景色には興味がない様だ。「世界はこんなに美しい」という映画のセリフを思い出す。どんな映画だったかも覚えていない。コッポラの「アウトサイダー」だったかな。

いろいろなものを観察していると、変わってゆく姿に興味を引く。竹ノ塚付近は、踏切事故を受けて現在高架工事中だ。どんな姿になるのだろう。

車両自体も変わってきている。東備伊勢崎線は、車両のドア数は4だ。相乗りしている半蔵門線も同様に4.一方で、日比谷線はかつては3.現在4か所のドアがある車両に切り替え中だ。おそらくは、東横線などもそのスタイルに変えてゆくだろう。

これはあくまでも想像だが、ホームドアの取り付けをするために、車両のドアの位置を合わせているのではないかと思っている。今は、谷塚の駅にはホームドアはない。生きているうちにホームドアがお目見えするのだろうか。

2017年9月17日

新宿の高層ビルを久しぶり見る

新宿高層ビル

久しぶりに新宿に立ち寄った。二十四節では処暑ということで暑さのピークが過ぎる頃なのだろうが、どっこい、かなり暑い。

今から50年近く前に代々木に暮らしていた。その当時はまだ京王プラザホテルができる前で淀橋浄水場がまだあったと記憶している。

級友に写真を趣味にしているのがいて、ヨドバシカメラ(当時はひらがなだったかな)にフィルムなどを買いに行区のに付き合った記憶がある。

この後、霞ヶ関ビルができ、三角ビル、三井ビルなどと新宿の高層ビル化が進んでいった。

その後、引越しなどを経てこの地に住むことはなくなり、当然用事がなければここに来ることもない。

最近では新宿に来ることはあるものの、こうして昼日中に眺めることは少ない。

なかなか壮観な眺めであり、自分の住む街、谷塚では見れない光景だ。雲が少し多いのが残念だが、それでも見上げると大都会の息吹を感じる。

大学では建築土木を専攻していた関係で、こうした高層ビルなどは一度は携わってみたいと思えるような素材ではあるが、一方で将来に向けた懸念もあった。

それは、どうやって壊すのかということだ。当時の技術では、こうした高層ビルを安全に壊す技術がないとわかっていたはずなのだが、「まぁなんとかなる」ということで建てたのだろうか?

もっとも、実際には解体技術の研究は進められており、なんとかなるのだろう。

今から考えると能天気で無責任だったのか、ある程度は目処を立てていたのかはわからない。

さて、原子力発電所から排出される「核のゴミ」。無責任でないことを祈る。