ホンダの工場の閉鎖は遅かれ早かれの決断だっと思う

先日からホンダのホンダのイギリスにの工場閉鎖についてBBCニュースなどは「英工場を閉鎖へ 3500人が失職の見通し」といった見出しで伝えている。

こうした記事の背景として、イギリスのEU離脱の問題と絡め、また自動車産業のすそ野が広いことから地元経済に対する影響を心配する声がある。
3,500人の直接雇用だけでなく、その地域全体の経済に影響が及ぶことは想像に難くない。

部品メーカーや下請け工場だけのことではなく、飲食や小売りサービスなども働きそこに住む人を前提にしているだろうから、広範囲に影響が出る。

だからと言って、企業は慈善事業のように工場を存続させることはできないだろう。
ホンダのニュースリリースを見ると以下のような記事がある。

 現在、電動化の加速を見据え、グローバルにおける「生産配置と生産能力の適正化」という方針で、四輪車生産体制の見直しを進めています。これは既にタイ、日本、ブラジルと各地域で着実に推進しています。また、市場動向や環境規制の強化など、各地域で大きな変化が起こる中、電動化の加速に対応できる生産体制づくりを、特に需要ボリュームが望める中国、米国、日本で進めています。

一方、欧州は、電動車ラインアップの強化が必要となる中、欧州域内での電動車生産は競争力などの観点で難しいと判断し、今後はグローバルの生産リソースをフル活用し、競争力のある商品を市場に提供します。特に、先程ご説明した、地域間での連携強化の考えに基づき、欧州は環境規制の方向性が近い中国と商品ラインアップを共有するなど、戦略的に電動化を含めた事業基盤の強化を図ります。

また、英国の四輪車生産工場、Honda of the UK Manufacturing Ltd.(以下、HUM)に関しては、現在、CIVIC HATCHBACK(シビックハッチバック)1機種をグローバルに供給していますが、今後の、グローバルでの生産配置を検討した結果、次期モデルから北米など他地域で生産する方向で検討を進めることにしました。

https://www.honda.co.jp/news/2019/c190219c.html  から抜粋

もっとも、ホンダだけでなくどの自動車メーカーも同様であり、他の自動車メーカーも工場の再編は遅かれ早かれ行うのではないかと思っている。

背景の一つには、AI+EVだと思っている。従来の「エンジン+トランスミッション」という、ある意味で「ガソリンを爆発させて走るクルマ」でなくなるということは、組み立て部品の小型化や部品点数の減少を意味しており、生産ラインの大きな変更を伴う。

技術革新が驚異的に進む中で、従来のように一度作った工場のラインをそのまま10年、20年使えるということはあり得ない。ラインの再編成が可能になるような、そんな柔軟な自動車工場が必要になる。

今ある工場を少しいじれば出来上がりということができなければ、新しい工場をどこかに立てなければならない。一時的に閉鎖することはありうるだろう。

もう一つは、工場の無人化が可能になりつつあることだろう。
すでに溶接はすべてロボットが行っている図は当たり前の光景であり、無人化はどんどん進んでいると思う。

「マイノリティレポート」という映画で主人公が自動車工場に逃げ込むシーンがある。
その中で、自動車は無人で作られ、主人公が組み立て中の自動車に隠れてそのまま逃げるというシーンにつながる。

まったくの無人化はできない話ではない。
製造ラインはすべてロボット化し、監視や細かい調整ごとは、アバターと呼べるようなロボットを配置し、管理者が本部からVRを使って操作するということは非現実的ではない。

こうした世界では、自動車の組立工が人である必要もないし、管理者も人である必要はない。賃金の安い国に行って工場を建てる必要はない。

当然、いろいろな安全対策は必要だろうが解決できない問題でもない。

そうなると、問題は物流コストになるだろう。マーケットに近いところに工場を置くか、部品調達のコストが低い場所に配置するかは当然のことになる。

私自身は、工場自体は完全無人化し、「素早く解体・素早く移動」が必要だと思っている。
工場は常に最新技術を反映させることが望ましい。研究拠点近くに常に実験用の工場を置き、必要に応じて「工場自体を輸出」できる時代が来るというのはどうかな。

読書のためのカフェと言う存在

読書のためのカフェ

https://president.jp/articles/-/24402

草加に書店と併設されたカフェがある。
タリーズとくまざわ書店のコンビだ。
昨年リニューアルされたモールにオープンしたところだ。

何回か訪れたがいつも満席近く席を確保するのが難しい。
近くにはスタバもありこちらも盛況だ。

■ 併設カフェ

こうしたカフェは、書店から気に入った本を持ち込みコーヒーを飲みながら読んで気に入ったら購入するというのが最終形だろうが、まだここまで取り組んでいるところは少ない。
すでに購入した本を持ち込んで読む形式や、人気書籍など限定された物をカフェに置き手に取ってもらうなどの取り組みが目立つ。

書店にカフェが併設されているのを初めて見たのは、10年近く前の池袋の高速道路近くの本屋だった気がする。ビジネス書が中心であり、内容も充実しており、気に入った本をゆくたびに買っていた気がする。たいていの場合にはお客さんとの打ち合わせの前後に入るので、時間調整をするためにカフェを探していたが、ここはあまり知られていないせいか席は空いており、本を購入した人が優先なのでよく利用させてもらった。

次に見たのは、ヨドバシ秋葉原の7Fの有隣堂だ。ここは、あらかじめ本が用意されており自由に見ることができる、さすがに置いている本の数は少ないので、店員のセンスが物を言う。琴線に触れる本もあり、何冊か購入した記憶がある。

先日、草加のリノベーションのプロジェクトの一環として、絵本を専門とする本屋とカフェが併設したところでコーヒーを飲んだ。
面白いのは、カフェのお客さんが若いままが多く、赤ちゃんも一緒だったことだ。
お客さんの選別をこうしてするのかと驚いた記憶がある。

本屋は本を売るという発想だけではいられないのかもしれない。結局は、人が手に取ってもらう必要があるし、本屋も人が手に取りたいという物を用意しなければならない。

■ カフェはコーヒーを飲むところなのか

大学時代、カフェと言えばジャズ・クラシックなどの音楽喫茶を想定していた気がする。
当然大学近くの喫茶店なので、レポートを書いたりする場所だったりする。
考えてみれば、今もあまり変わらない。

今時のカフェを眺めてみても、ビジネスマンが打ち合わせをしたり、パソコンを打っていたり、友達同士でおしゃべりをしたりしている。
カフェはコーヒーを楽しむ場所ではないかもしれない。
併設カフェを眺めていると、確かに「読書」を楽しんでいるお客さんがいる。

コーヒーは入場料と考えると、カフェにいる価値を提供するという発想に立つことが必要だろう。実際にこれを実践している企業(キーズカフェ)もいる。

■ 本を売らない本屋は実現できるか

「本との出会いが人生を豊かにする」と言うことであれば、本との出会いを提供する本屋というビジネスを再考できないだろうか。

今の本屋に不満なのは、売れ筋の本が平積みになっており、その他の本は置いていないか見つけにくい。結果として本との出会いを制限している。

ほんの見本を置いておき、そばに購入用のカードを置いておくとどうなるだろう。すでにプリンターのインクなどはこうしている。また、家電製品なども、見本を置いておき、製品は店員に持ってきてもらうというスタイルもある。

当然、店のレイアウトなども大きく変える必要がある。しかし、今の背表紙しか見えない本棚をITを駆使して変えることができる。想像してほしい、棚の前にはスクリーンがあり、横にスワイプすると本の装丁面を確認でき、タップすると、最初の数ページが読める。

購入する際にはタップすると自動的にキャッシュカードで決済され、当日もしくは翌日の配達される。現物がその場でほしければ、店舗での在庫確認ができ、店員に伝えれば用意してくれる。

待ち時間には併設されたカフェで待てば良い。コーヒーの割引券をもらえるので、コーヒーも楽しめる。

こうしたことは実現可能だ。
絵空事と思うなかれ。

プラスティック製品にも経路依存性はあるのか

■ 政府の調達ルールは突然出てくるわけではない

先日、「食堂で「使い捨てプラ」禁止に 省庁など方針 政府決定」という記事を見た。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4105615008022019CR0000/

昨今のプラスティック製品への排除の傾向を受けて突然の政策のように見えるがそうとも言えない。

こうした政府の動きというのは一連の法律の枠組みの中で行われる。
念のため、記事の先頭部分を引用しておく。

2019/2/8
政府は8日、ストローや皿といった使い捨てプラスチック製品について、中央省庁など国の関連機関で営業する食堂で使うことを原則禁止する方針を決めた。テナントとして入るコンビニエンスストアに対しても、レジ袋などを環境に配慮した製品に切り替えるよう求める。使い捨てプラによる海洋汚染が世界的に深刻な問題になっており、政府も抑制の取り組みを強める。

同日午前の閣議で、環境に配慮した製品の調達を国に義務づける「グリーン購入法」の基本方針の見直しを決定した。4月以降の新たな契約から適用する。

原田義昭環境相は閣議後の記者会見で「地方公共団体や産業界にも理解を広めていきたい。国際的な動きに負けないように運用を厳しくしていきたい」と話した。

グリーン購入法自体は平成12年5月に循環型社会形成推進基本法の個別法のひとつとして「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」が制定されたもので突然の物ではない。

また、すでに環境省はSDGsの推進も進めており、環境問題としても当然脱プラスティック製品に取り組むことは予想できる。

おそらくは、各方面にいる人々はある程度予想できたのではないだろうか。

■ 使い捨てプラスティックは経路依存性はあるのだろうか

問題は、これが市場構造を変えるかどうかだろう。

あるイノベーションがいくら優れていても浸透しない場合がある。よく言われるのが「経路依存性」である。
例として取り上げられることに「QWERTY」キーボードがある、パソコンにつながっているタイプの文字位置が左から「QWERTY」になってっているためにこの呼び名がある。

この配列は、人間工学的に最適な物ではなく、単に当時のタイプライターのハンマーが絡まないようにと言う配慮でできただけである。この配列にしなくてはいけない理由が当時のタイプライターが持っているハード的な制約であったので、これが解消された段階で、もっとタイプしやすい配列の変えることは可能であったが、すでに、タイプライターの製造ライン、タイプライターの学校のカリキュラムなどは、関連する事業ルートがこの「QWERTY」配列を前提にしてしまっていたので変えられないと言うことだったようだ。

これを経路依存性と呼ぶ。

さて、今回話題になった「使い捨てプラスティック製品」であるが、これが意外と多いのに気がつく。

ストローなどはその代表なのだが、コンビニの弁当などについてくるナイフやフォーク、惣菜を入れているトレイや蓋(ボックス型容器と言うらしい)、アイスコーヒーの蓋などがある。またレジ袋などもこれに含まれている。

これをなくすと言うことは相当難しいのではないかと思う。すでに生活スタイルの中に、こうした「使い捨て」の製品が入り込んでしまっている。レジ袋をなくす取り組みがなかなか進まないのもその理由だろう。

従って、「使い捨て」のこうした製品は無くならないだろう。
経路依存性が高そうだ。

■ イニベーションは業界を一変させる破壊力がある。

その代わり、プラスティックにはイノベーションが起きそうだ。
プラスティックの一番の代替品として考えられるのは紙だろう。

さすがに透明な紙は作れないが、そうでないもの(ナイフやフォーク、ストロー、トレイなど)は確実に代替できるかもしれない。紙の射出成形という新しい分野ができるかもしれない。

また、植物由来の材料でプラスティックの代替品が作れるかもしれない。
もっとも食べ物で食べ物以外の製品を作るのはあまり賛成できないが、何か手はあるかもしれない。
捨てていた貝殻からチョークを作り出したようなアイデアもほしい。

さて、こうした製品の構造が変わると既存のプラスティックに事業が依存していた企業は危機感を持たないといけない。
プラスティックの成形品を作っていたところはその仕事自体がなくなる恐れもある。
代替のプラスティックは強度や熱特性が異なるのであれば、例えばレジ袋などを作っている生産ラインを変えなくてはならないかもしれない。

資金が潤沢でない企業は持ちこたえられないかもしれない。
密かに、統廃合や新規企業の台頭があるかもしれない。

■ 他山の石と考えていると危険

かつてCDが世の中に出たときにレコード針をつくっていたナガオカは甘く見ていたかもしれない。あっという間にレコードはなくなり、レコード針は特別な需要担ってしまった。
音楽をCD等の媒体で購入するひとも少なくなっており、例えば私の息子はすべてダウンロードだ。

私は、すでにAmazonMusicで、聞きたいときに聴きたい曲を探して聴くスタイルになっている。

デジタルカメラはフィルム業界を壊滅させた。

身の回りを見ると、徐々に公衆電話や電車の切符売り場等は減ってきている。
情報収集では、雑誌や新聞をデジタルで確認する時代になっている。
レシピはネットで確認する。
スマフォがあれば目覚まし時計がいらない。

自分の事業が明日もあるという保証はない。
「経路依存性」などと安心してはいけない。

コーポレート・ガバナンスが悪い冗談のように聞こえる。

ここに来て「レオパレス21」のニュースが毎日のように流れている。
記事だけ見るとにわかには信じられない。

普通に商売をやっている身としては、あらかじめ何をどうするかは合意して仕事を始める。
金額面もあるし、数量的な事柄、納期なども決めておく。
金額が材料や作業内容、数量で左右される場合にはあらかじめ見積もりとして提示する。

請求に当たっては、見積もり時点で約束したことが実施されていることを確認し、それがお客様の期待に合っていることを前提に行う。

今回のように、使っている材料の質も数量も違う。見ただけで工法も違う。
これはどんな風に完成検査をしたのだろうか。
設計図通りに誇示していないのはわからないのだろうか。

設計部門と調達部門、工事部門の連絡ミスのレベルではないだろう。

レオパレス21のホームページに「コーポレート・ガバナンス」がある。

https://www.leopalace21.co.jp/ir/management/governance.html

悪い冗談としか思えない。

さて、今回の対応で、どのぐらい経営に打撃が与えられるのだろう
レオパレスの財務処方を見ると、おおよそ

流動資産 1300億円
流動負債 1000億円

なので、300億円ぐらいの自由になるキャッシュはありそうだ。
これに対し、費用を概算すると以下のようになる。

施工不良物件 1324棟 × (12ヶ月×10室×15万円=1800万円)≒ 240億円
引っ越し退去 1万4千人 × 10万円 = 14億円

大雑把に言えば、当面の現金はなんとかなりそうだ。
なので、詐欺事件よろしく、何も保障しないで逃げると言うことはまずは財務的にはなさそうなのだが・・・

問題は、レオパレス自体が詐欺まがいのことを多々やってきている会社なので、誠意を持って対応しないだろうと言うことだ。
おそらく、保障問題ではずっともめるだろう。

やれやれ、どうしてこんな会社が成立するのだろう。
いやになる。

非日常の向こう側(岡上淑子 フォトコラージュ を見て)

先日「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」を見に行ってきた。

フォトコラージュというのはなじみがないかもしれないが、写真を切り貼りして現実には無い世界観を表現するモノと言える。

 

展覧会の案内で紹介される作品の多くは、人物の顔を切り取って扇子やトカゲの顔に張り替えたもので、印象的なモノが多い。しかし、ある意味グロテスクな面を強調することになり鑑賞者に驚異本位に走る余地を与えてしまう。

実際は、もっと多様であり、「こうした発想もあるのか」と感心させられる。

体の部位のパーツの組み合わせを変えたり、縮尺を変えたりして再配置することにより現実世界にはない「何か」を表現すると言うことは、発想の自由さを促す。

考えてみれば、ゴジラなどの怪獣映画などは生き物の縮尺の改造であるし、ろくろ首など日本の妖怪などもその一つとみることもできる。

窓に水槽の画像を貼り込み、周囲に魚を泳がせ、縮尺を変えた人物の配置をするだけで違った風景になる。

現実世界で今見えていることに疑問を持ち、様々な試行錯誤を来る返すことで新たな発見を見いだすことができる。とは、ビジネスにイノベーションを持ち込むことの議論をするときにもよく言われることだ。

しかし実際には常識に縛られ、それを壊すと言うことにはなかなか踏み出せない。
常識に縛られている自分にはっとさせられた時間だった。