ISO9001

内部監査の規格・第6回・5 監査プログラムのマネジメント(4)

ISO9001を考えるシリーズのサイドシリーズです。

ISO9001の内部監査の項には「ISO19011を参照」とあるのですが、実際の審査をしているとこの規格を読んだことがあるという方はほとんどいません。読んでいないからと言って不適合になりませんし、ほとんどの場合適切な内部監査が行なわれています。

とはいえ、せっかく規格としてあるので紹介がてらその内容を確認してゆきます。
一緒に査読すると云うことを行ないますので、ほとんど規格を引用します。著作権法上の問題もあるので、このビデオを見る方は規格を購入しておいてください。

さて、今回は第6回。「5 監査プログラムのマネジメント(4)」です。
前回は「5.5 監査プログラムの実施」まで確認しました。今回はその続きで「5.5 監査プログラムの監視」を確認します。

内部監査の規格・第6回・5 監査プログラムのマネジメント(4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA