記事クリップ:文化保護か、効率化か はんこ大戦争の舞台裏

反対勢力の言い分

文化保護か、効率化か はんこ大戦争の舞台裏
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00117/00064/?P=1

この記事の前に、日経新聞だと思うがこうした動きがあると云うことは承知していた。
記事の中では、今年度(2019年度)の通常国会で法案の成立が予定されているという推測やこの秋には臨時国会で法案が成立するという話もあるが、確認している記事や行政のサイトを見てもまだ法案が出ているという感触はない。

この春先かな?こうした情報に興味を持ったのは、
・情報技術は確実に活用される。
・新しい技術は既得権益を無効にする
・新しいビジネスチャンスが生まれる
等といったことへの発想を生み出してくれる。と言う思いからだった。

話をごっちゃにしてはいけないのは
・行政手続きの電子化
・業務フローの中でのはんこの役割
・業界の保護
は別の視点で議論するべきだろう。

■業務フローの中ではんこは必要か
40年前、会社勤めを始めたときに、名前と日付が変えられる丸いはんこをもらったときには社会人になったのだなぁと感慨にふけったものだが、今、そんなもの観ると一体何をやっているのだろうと感じてしまう。
業務フローの大半はIT化されているはずで、それができていない組織は生産性に疑問が出てしまう。
購買プロセスは、すでにシステム化されており、場合によっては購買先とは電子申請の仕組みができあがり、紙の出番なんてないことがある。
稟議なんてものも紙ではなくシステムで行うだろう。
私もはんこは使うが、唯一、契約書類関係だ。お互いの信用があれば、それも要らないと思っている。実際、納品書も領収書も発行しない。
お互いが握った契約内容を相互に同じものであると確認できる技術はいろいろある。
業務フローで考えるとはんこなんてアナログはほとんど出番はない。

■行政手続きは回周遅れか
ここに書かれていることが真実かどうかはともかく、行政が石器時代にいることは感覚的には理解できる。かつて、行政との付き合いが会った時代、現状を変えないために心血を注いでいた彼らは今も顕在なのだろう。変えないことで保身を目指す彼らにイノベーションは期待できない。

■既得権益を失わない理由に説得力はない
上記の記事で、印象的だった文節。

我々は印鑑登録制度を安全に、かつ有用に機能させるために印章を作り続けてきた自負がある。印章業を営んでいる企業は中小零細企業が多く、仮に法人登記時の印鑑登録の任意化を認めてしまえば、少なからず需要は減り、商売は成り立たなくなって廃業に追い込まれるケースが増えるだろう。印章業界はただでさえ、後継者問題を抱えている。

未来を見据えない戦略に意味を見いだせない。
一体、彼らは何を変えたいのだろう。

戦略は、来たるべき未来への地図だろう。
いろいろ考えさせられる記事だった。

契約書類での、相互確認

はんこは業務プロセス状必須か?

ISO9001だってはんこなんて重視していない。

記事クリップ:ひな人形のデザインに新風。伝統覆す「童顔」で急成長

イノベーションの都市伝説

ひな人形のデザインに新風。伝統覆す「童顔」で急成長
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00111/00036/

イノベーションや経営革新の必要条件は何だろう。

成功した事例を観るといくつかのパターンがある。

■絶体絶命の中から生まれる
この事例もそうだし、経営品質賞を受賞した万協製薬や、受賞はしていないものの石坂産業株式会社などもいったんはつぶれかけた会社を再建する中で、ビジネスモデルのイノベーションをしている。成功体験の強い会社にはイノベーションは生まれにくいことはわかる。しかし、企業の危機に瀕し、なんともならずにつぶれているケースも山のようにあるだろう。

■社員に反対されたときにこそ決断の時
こうした話もよく聞く。現状を変えようとしたときに一番の障害は、今を変えることに恐怖する取締役連中だ。今まさに変革のまっただ中にいる会社などを観ると、社長はまずは社員との対話を重視しているケースが目をひく。「古参の社員は反対しかしない」は善く聞く言葉だ。

■AならばBになっていない。
論理学的には、「AならばBである」が成立すれば、BはAであるための必要条件であり、AはBであるための十分条件になる。また、同時に「BでないならばAでない」も成立しなければならない。
「”イノベーションが起きる”のであれば、”その時は会社は危機の中にある”」が成立するためには、「”会社が危機的状況になければ”、”イノベーションは起きない”」も成立する。な訳ない。
逆に「”会社が危機的状況にあれば”、”イノベーションが起きる”」は、「”イノベーションが起きなければ”、”会社が危機的状況にない”」と云うことになる。こんな論理は成り立たない。

結局のところ、会社の危機的状況にどう対応するのかは、個々の企業の戦略で有り、個々の企業が現況をどう対応するのかは常に戦略のテーマだ。したがって、イノベーションは、特定の状況だから生み出されるのではなく。常に取り組む内容だろう。

そうした意味で、この記事のような物語は、後付けであろうとなかろうと経営者としての心が眼を溶いているようで興味深い。

フィジカルネットワーク

フィジカルネットワーク
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00211/

フィジカルインターネットとは、物流施設やトラックなどの物理的な機能を利用して、インターネット上で情報が動くのと同じように、効率的にモノを運ぶ物流を指します。

大量の荷物を小口に分け、それぞれの荷物をその時々で空いている倉庫やトラックを使いながら運ぶイメージとなる。

今の物流の問題は、それぞれの企業が社内に倉庫やトラックを抱えていることです。こうした施設や設備をもっとオープンにして、あらゆる事業者や利用者がシェアリング(共有)し、コネクト(連携)させることが重要になります。このオープンシェアリングと連携が、フィジカルインターネット実現のカギになります。

(以上 本文から引用)

■聞きなれない言葉
フィジカルネットワークというのは聞きなれないが、「大量の荷物を小口に分け、それぞれの荷物をその時々で空いている倉庫やトラックを使いながら運ぶイメージとなる。」とはパケット通信を思い出す。
だが、こうしたことは大なり小なり行ってきているはずなので、取り立てて「名前」を付けるというのは、相変わらずの業界だ。
また、効率性という側面では、みなが手をこまねいているわけではない。
今もそういうサービスをしているのかわからないが、数年前にトラック運送をしている会社が、帰りには空になるトラックに荷物を積まそうとして、インターネットで「空」の時間帯と「出発地」「到着地」を公開して、サービス向上を狙っていたことを思い出す。
また近年AIを活用して、タクシーの空き時間の削減に努めていという記事を見たことがある。いずれも、無駄の発生をなくすための取り組みだ。

■ハブアンドスポークの限界
ハブアンドスポーク的な物流システムは今に始まったことではない。
かつての飛脚のシステムも「集荷所」があり、集荷所と集荷所を結ぶネットワークだったはずだ。また前島密が作った郵便システムは日本をくまなくカバーするシステムで、これは網の目のようなものだろう。
ヤマト運輸が始めた宅配システムもハブアンドポークの形態と考えられる。
問題なのは、ネットワークを実際に担う運送業者が固定化されてしまうことと、時間に縛られた運航スケジュールだろう。
どこかでゆがみが出ることは想定されていただろうから、このドキュメントの指摘は間違いではない。

■どんなビジネスモデルが描けるだろう
今あるものが最適というわけではないことで考えると、新たなサービスは興味深い。
ウーバーや車や自転車のシェアリングサービスなどが脚光を浴び、エアーB&Bなどの専門業者以外のサービス提供のしやすい環境の構築など、およそ昔では考えられないサービスが立ち上がる。
ギグワークスなども新しい形態になるだろう。
高速通信、GPS、いろいろなセンサー、コミュニケーションツールとしての、スマホやスマートウオッチ、スマートグラス、等々。新しい技術が目白押しだ。

シェアードサービスを有効に使った物流システムが可能になると、今まで大量輸送が前提だったいろいろなことが変わってくるかもしれない。例えば、現在食材などは市場など大量に展示されているところが前提だろうし、農協やスーパーなどは規格品が前提であり、市場に出るチャンスのないものも多い。当然、自分の目で見てという楽しみもあるが、ネット販売などのビジネスチャンスも増えてくるだろう。

生体認証が当たり前の世界

「国内初」顔認証改札機は可能か 大阪メトロが実験開始
https://www.asahi.com/articles/ASMD93RLGMD9PLFA001.html

昨日、旧知と久しぶりに会い一献傾けた。元気そうで何よりだった。
話題は、彼の抱えている課題などがメインだが、私の分野であるITの動向などにも話が渡った。

ふと、今自分が使っているパソコンが指紋認証であることを伝えたら、彼のパソコンも顔認証であることを語った。今年の、ITにかかわる記事を俯瞰すると、こうした先進的だと言われた技術が当たり前のように使われ始めたというのが2019年だった気がする。

生体認証が当たり前のように使われ、それ自体がクレジットなどと連動すれば財布を持たない買い物が自由にできる世界が実現できるかもしれない。
上記のような出入り口の管理ができるなら、物理的な「鍵」が必要なくなるかもしれない。車のキーもいらなくなるかもしれない。

IT技術に関する感度を上げてゆかないと、企業は生き残れないかもしれないと感じる。
「度胸」は必要だが「勘」と「経験」はAIに任せる時代になるのではないか。

さて、2020年はどんな世界になるのだろう。

AI技術の応用先としての人事分野

皮膚から出る微量ガス映し出す装置開発 東京医科歯科大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012227811000.html

をみて、あらぬことをいろいろ考えた。

以前「eHRM研究会」という名目で、ITを活用した人事制度について議論を重ねたことがある。当時のテーマの一つは、「報酬のポータビリティ」だった。(と思う)

報酬自体をポイント制にして、他のサービスとの代替や転職時での移行などもテーマにあった。HRテックなどという言葉が出てくる前だ。

さて、2019年を振り返ると。人事とIT、AIとの関連性に関していくつか記事があり、HRテックなども未来あるいは先進的な企業だけの話とは言えない状況になってきている。

現実的なAIの活用範囲としては、以下が製品としてすでにあるようだ。
①退職リスクが高まった社員の上司にアラートが発せられる
②人手を要していた採用時の書類選考にAIを活用する
③ウエアラブルのセンサで個々の社員の活性度も測定

ご存じ②はリクナビ問題に結びつく。その他はヒトの働き方を監視し、問題があれば教えてくれるということだろう。

私自身は、会社の役割は個々人の働きやすい環境を作り、その能力を発揮できる手助けをすることだと思っている。その結果、安定した業績の確立が望ましい。その反面、報酬をどうするかは悩ましい。従来の評価結果からの報酬という道筋は、結局のところ評価者に信頼が置けないので使い物にならないと思っている。

上記のように、センサーとAIをつなぐことでいろいろなことが想定できる。

(1)腕時計型センサー
皮膚から出るガスを分析することで、健康状態を監視できれば、疲れによる事故を防ぐことができるかもしれない。飲酒運転の防止にもつなげられるだろう。
(2)スマートグラス
車に搭載するドライブレコーダーのように、その人の目にするものを記録することで、生産性を計測できるかもしれない。また、ワークフローを表示することで、作業間の連携がうまくゆくかもしれない。間違った作業の防止にもつながるだろう。

当然プライバシーの問題などもある。技術的にはまだできていないことまある。しかし可能だろう。

という妄想に取りつかれた。

さて、上記のことをいろいろ考える材料として記事のクリップを用意した。

人事、AI、スマートグラス

興味のある方は連絡を。

2019/12/27

島先生はマダガスカルで年越しかな?

http://www.ayeaye-fund.jp/
日本アイアイファンド

今から30年ほど前、生物系シンクタンクで電算室の立ち上げにかかわっていたころの縁で、ニホンザルの権威である島泰三さんと知り合い、その流れで、日本アイアイファンドの名ばかり理事としてお付き合いをさせていただいている。

純粋に寄付だけでの活動なので、いつも資金難に悩まされている。少額でもよいので上記にサイトで寄付をお願いしたい。

さて、とはいえいったい何をしているのだろうと思われので、最近の島先生からのメールを転載する。相変わらず精力的だなぁと感心させられる。

妨害の出会いもあった様子。
私の世代では、バックパック担いであちこち放浪するなんてことは身近にいたものだが、今でもいるんだと感心する。世の中はそんなに変わらないということか。

■先生からのメールです。

《20191129 まだスカルへ出発です》
アイアイファンドの皆さまへ

昨日まで、全日空機内誌の取材で鹿児島でした。明日からエチオピア経由でマダガスカルです。新型ボーイングが墜落したことでも知られるエチオピア航空ですが、トランプも大丈夫だと言っているし、信用でき、・・・

今年は、私が現地入りする前からの準備をうるさく伝えています。ラミーはとうぜんですが第一は一昨年から植林を始めて現地で「売れるか!?」と期待が高まっているカシューナッツです。これは苗をあらかじめ集めてもらっています。2000ですから、半端ではありません。が、「すでに集めた(!)」とのこと。また、今年からはパパイヤを本格的に植林しようと、まず1000本を集めるように指示したところ、なんと、「手付金をうって集めた」との連絡。カシューは3年ですが、パパイヤは半年で結実するので、植える者にも張り合いがあると見えます。

今年も現地の人々と協力し、現地小学校と植林域を拡大していこうと計画しています。これまでの植林地ももっと整備しなくてはいけません。調査基地も補修しなくてはならないし、・・・(仕事あるなあ!)また、ブルノーに参加してもらって、来年から計画している動物相調査の予備調査を開始します。まずは、分かりやすい鳥類と霊長類からです。

今年、出会った有力者は、来年から大学に行くことを早々に決めた18歳の若者です。彼はマダガスカル育ちで、マダガスカルに違和感がなく、「サラリーくれ」とか生意気言っていますが、「行きたい」らしいし、両親も「鍛えなおしてやってください」と積極的なので、彼の活動場所ができるといいなあ、と思っています。我が孫?ああ、こっちはどうなるか分かりません。期待するのみ。遠藤研究室の若手、30代の研究者も「手伝います」と言うし、写真家も「ドローン使って撮影したい」と言っていますので、どこかで資金をかき集めて、少し盛大にやれるといいなあ、と。

1998年の一斉調査以降、動物植物を網羅した調査は行われていないので、そろそろやるべき時期に来ています。ずいぶん植生が変わってきているのです。「それなら、莫大な印税を使えばいいじゃん」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、大調査をバックアップするほどには、『ヒト、犬に会う』は重版したと言っても、なかなか(というか「決して」というか)至りつきません。現地でカシューとパパイヤを売って資金源にするほうが、まだてっとり早いかも(トホ)。

現地が自活できる手立てをつくり、アイアイたちは安心して暮らすことができ、こちらも安心して本来の調査ができるようになる、という王道を目指し、『魚食の人類史』完成と次回大作の書き始めを決意して、では、では、行ってまいります。

1998年12月に発芽したラミー15本に、アイアイが食べられる果実の結実していることを祈って。

島 泰三 2019年11月28日

《20191209 マダガスカル報告》
只今アンジアマンギラーナです。
日本人青年が世界一周のついでに飛び入りです。ちょっと楽しいなあ!!
今日は基地の修理、苗畑の確認、新規植林地の視察、学校敷地での植樹準備、
マナサムディ山での整地、植林指導と炎天下、目一杯やって、クタクタです。
日本人青年はブルノと森へ、アイアイが見つかったら私も行くことにしています。
夕焼けに雨の気配です。風が出てきて、火照った頭が少し冷えてきました。
もう少しゆっくりやる方法もあるでしょうが、これが性分です。
皆々様、こちらはマンゴー食べ放題です。
(島泰三)

《20191216 マダガスカルから》
日本アイアイファンドの皆さまへ

雨季のマダガスカルでも高地のアンタナナリヴは、涼しい風です。首都とマジュンガでの苗の調達がうまくいって、相当な量の苗を植えることができるようになりました。

マナサムディ山地での5ヘクタールに加えて、村の周辺での植樹、ファナンブタナ学校での植樹と多様な植樹活動ができました。カシューに加えて、パパイヤの苗が好評で、前村長もぜひ植えたい、ということで、村内に果樹園ができそうです。しかし、これを植林活動と言っていいのか、どうか。

この村内の植樹地域だけで合計1ヘクタール強です。また、森林監視員のクラニの苗畑は、川沿いですが、ここで2010年のラミーがちょっとした林を作っているのを今回初めてみて感動しました。川沿いはラミーの適地なのです。そこで、ラフィアヤシがちょうど莫大な果実を付けているので、これを収穫し、川沿いにラミーとラフィアとマンゴーの林を作るように植林を始めました。これは当面500メートルを両岸25メートル程度として約1ヘクタール分、植林することにしました。

考えてみると、2010年のラミー苗とアカシア植林が決定的だったのだと、つくづく思います。通信条件が悪いので、写真などは帰国してからです。アンタナナリヴでも苗畑を作り始めています。技術革新できそうです。取り急ぎ。電池がきれそうなので。
(島泰三)

久しぶりに、聞いたキーワード:スマートグラス

でかいスマートグラスの時代は終わり、ボッシュが10g以下の小型モジュールを発表
https://japanese.engadget.com/2019/12/16/10g/

かつてウェアラブルコンピュータと称していろいろ実験が行われていたころ、腰にハードディスクをぶら下げて、とても不格好だった時代を思い出す。

今や、腕時計はAppleWatchに代表されるスマートウオッチができ、ハードディスクなどなくともスマホで大概のことはできる。

ウルトラセブンで腕時計でテレビ会話したり、スーパージェッターの「流星号、流星号!」もそんなに荒唐無稽でなくなっている。

スマートグラスは、源流はドラゴンボールのスカウターだし、もっと前には寺沢武一の「ゴクウ」がある。さすがに、ここまではまだかかりそうだ。
大きさもそうだし、価格もそうだが、単なる予定されている機能を搭載するだけでは不十分だ。

もっと気軽にプログラミングできる環境とセットになると嬉しいのだが。
ネットワークの接続機能は必須だし、長時間稼働も必須だ。

でも運転中は危険かな?

PMSに対する誤解:知らないから「難しい」は早計過ぎる

プライバシーマークに取り組む際には、どうしても個人情報保護法やJISQ15001という規格、また認証基準についても知らないで済ませる問題ではない。

とはいえ、何も基礎知識がないままにこうした文書に立ち向かっても立ちすくむだけだ。

経験的には、まずは「言葉になれる」という意味合いで素読を進めている。ただし、文章をそのまま読んでも、全体が見通せない。

ということで、これを助けるためのチェックリストを作成したので公開する。

➡ 公開用チェックリスト

文書自体はパスワードをかけている。
希望する方は下記を確認の上、問い合わせをしてほしい。

■これから自分たちでPMSに取り組む意欲のある組織であること
■JISQ15001を入手していること
■PMS取得にあたって経営者の了解を得ていること

以上

記事クリップ・「時短ハラスメント」起きる会社の残念な勘違い

<記事クリップ>
「時短ハラスメント」起きる会社の残念な勘違い
https://toyokeizai.net/articles/-/320642

私の中では「人事とAI」というのが今年の流行言葉になっている。
その先には、個々人が自分の働き方を決めて最適なパフォーマンスが出せるマイクロマネジメントを視野に入れている。

そのためには、本人の問題も重要なのだが、会社の意識も変えないといけない。
ということをうつらうつら考えていたら、面白ことばに出合った。

「ジタハラ」
ほーと思ったら、全然ハラスメントとは関係なかった。

「時短」は、一日8時間を誰もが確保できるわけではないので、その人の事情に合わせて、例えば、今日は10時から4時までといった、正規に時間を短縮して働ける仕組みだと勘違いしていた。

この記事に書いてあるように、「8時間で終わらなくでも帰れ」「終わらない分は持ち帰れ」は、どう見ても法令違反、あるいはセキュリティ違反だろう。

帰らなくても残業代を払わない「サービス残業」は問題だし、「業務情報」を社外に持ち出すこともアカンと思う。

かつで残業代を支払わなくてもよいように「名ばかり管理職」というのも思い出す。

その人の働き方に応じて執務時間を決定し、その中で最大のパフォーマンスを発揮させることが企業の責任だと思う。

さて、上記の記事。
削除や検索ができなくなった時のために、クリップしておく。

記事クリップ・「時短ハラスメント」起きる会社の残念な勘違い

パスワードを付けているので、欲しい人(ただし、知人のみ)は連絡ください。

PMSのファーストガイドライン

プライバシーマーク取得のお問い合わせをいただくことがあるのですが、そもそものところで話が噛み合わないことが多々あります。

まずは当社のスタンスや標準的なPMS構築の手順を示しますので参考にしてください。

➡ PMSのファーストガイドライン