専用端末がなくなる日

先日のスマホで注文をとっていたことをアップしたら、思わぬコメントをいただきました。
感謝!!!

すでにこうしたハンディターミナルの代わりにスマフォやタブレットを使うと云うことは5年前からやっているらしいと云うことは、なるほどと思うことがある。

普段都心に行かなくなって大分立つのでこの辺は疎い。ご容赦を。
と言うことで、いつものようにインターネットをうろうろしてみる。

◎タブレットでのレジ

https://www.foods-ch.com/gaishoku/1568692881681/
飲食店で使えるタブレット型POSレジ。軽減税率・キャッシュレス対応、無料で使える製品も登場

「タブレット レジ」で検索すると、同じような記事は日経新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49883880X10C19A9TJ3000/)にでも出ているが、まぁこの辺が無難かな?

レジをタブレットでと言うのは数年前から聞いていたので、実はこの辺はあまり驚かない。当時「レジの会社も戦略を変えないと大変だなぁ」と思ったことを記憶している。

それでも普及は進んでいるのだろうなぁと云うことは想像できる。

◎スマホで注文

キーワードで「スマホ 注文」というと、ほとんどは「セルフオーダー」の話が出てくる。
わたしが、今回注目したのは、フロアースタッフ(店員)が使っていたことだ。

セルフオーダーという意味ではタブレットで注文を客がするというスタイルの居酒屋があった。食べ物の量とか食材の種類とか写真だけではわからないいろいろなことを知りたいので、私としては不愉快だった。できるだけ行きたくない。

そうした、お客様との接点を失わない様にしながらITを使う取り組みの一礼になりそうで面白いと感じた。

◎レジ会社の戦略

手近なところで「東芝テック」のサイトを眺めてみる。
当然製品はレジだけではないが、ビジネスレポートを見ているとなかなか面白いこともわかる。(https://www.toshibatec.co.jp/file/94jigyou.pdf)
・インターネット時代よろしくクラウドサービスも視野に入れていること
・レジから集めた情報を共有することで生産性向上や効率化を支援しようとしていること(ものからことへの意識の転換)
・スマフォなどの汎用端末でのサービスも視野に入れていること
こうした大手も参入すると云うことになると、弱小のアイデア勝負の企業では太刀打ちできないかもしれない。
もっとも市場をニッチに絞ってやると云うことであればいろいろ市場は拡大しそうだ。
とはいえ、専用のレジの需要は減っているのではないかと思うのが同社の業績だ。

どうも減収減益に見える。

◎ブロンコビリーで気がついたこといろいろ

家内と食事に出るということはあまりあることではなく、たまに出るといろいろ発見があって面白い。
この店に来るのも半年ぶりぐらい、下手したら一年ぶりぐらいなのでいろいろ「へー」と思うことがあった。

・肉がウルグアイ産
以前来たときには「オーストラリア産」だった気がするのだが、ステーキ肉が「ウルグアイ産」になっていた。
どうもTPPの関係らしい。と言うことを後で知った。
(https://www.ryutsuu.biz/commodity/l052044.html)

今までは、カナダ、オーストラリアがライバルだったのにウルグアイまで出てきたらアメリカも穏やかではないだろう。ヤクザよろしく恫喝する気持ちもわかる。

・細かいサービスの向上
記憶なので、もしかしたら勘違いかもしれないが
-ナイフとフォークの他に箸もデフォルトでついてくる(以前は頼んでいた気がする)
-サラダバー用の皿を、食べ終わるごとに取り替えてくれる(以前はそのまま)
そのほか、スタッフのフロア内での空白地帯をつくらないようにしているように見える。
お客さんが手を上げるとほとんどノータイムで来る。

・味をきかれた
お食事はいかがでしたかと、食器を下げに来た人にもレジの一にも聞かれた。
これは「何だろう?」と思いをはせてしまった。
うーん・・・もう少し聞いてみれば良かった。

さて、たまに外に出るといろいろ観察してしまう。
職業病か?(って何の職業だよ!!)

50肩対策(エルゴノミクスマウス)

この年(63歳)になって、右の肩甲骨あたりに痛みが走り仕事に支障を来すようになってしまった。
仕事柄、同じ姿勢でずっといたことが原因ではないかと言われた。

キーボードにトラックポイントがありそれを右手の人差し指でずーっといじること10年。
無理な姿勢が限界を超えたのかもしれない。

ということで、右肩のリハビリとは別にキーボードとマウスを変えた。

一見するとマウスとは思えない形状だが、マウスだ。
何が違うかというと、手に持った時の姿勢だ。

従来のマウスは手をかぶせる形になるのだが、このマウスはコップを持つような感覚になる。手首や肘・腕への負担が感じられない。

今のところ、使いやすいという評価になる。
従来型のマウスを使っている肩におすすめ。

スキルデータベースについて(2)

要員の能力管理については、ISO9001にも関連項番がある。
少し長いが、引用する。

7.2 力量
組織は次の事項を行わなければならない
a)品質マネジメントシステムのパフォーマンスおよび有効性に影響を与える業務をその管 理下で行う人(または人々)に必要な力量を明確にする
b)適切な教育、訓練又は経験に基づいて、それらの人々が力量を備えていることを確実に する
c)該当する場合には、必ず力量を身につけるための処置をとり、とった処置の有効性を評 価する
d)力量の証拠として、適切な文書化した情報を保持する

注記:適用される処置には、例えば、現在雇用している人々に対する、教育訓練の提供、指導の実施、配置転換の実施などがあり、また、力量を備えた人々の雇用、そうした人々との契約締結などもあり得る。

(ここまで)

これは、スキルズ‐インベントリーになり得ないのだろうか?
なりうる。
実際に役立つようにつくっていればだが。
上記は、いくつかのポイントがある。
・実際の製品作りを担保させる能力を正確に定義すること
・だれがその能力を保有しているのかを把握すること
・能力の保有していない社員に担当させないこと
したがって、能力を保有していない人に教育をするかどうかは組織が決めれば良い話であって、要は、能力を担保された人が業務に就いていれば良いことになる。
すなわち、「現業の業務が対象であること」、「現在の能力の保有状況がわかれば良いこと」になる。人柄だとか、使いもしない関連知識の保有などは関係ない。

ただし、いわゆる資格に関してはわかりやすいのだが、多くの企業では、マネジメントスキルであるとか、コミュニケーション能力だといった、ヒューマン系を項目にあげているところが多い。実際に仕事ができるかどうかではない。

さて、スキルズ‐インベントリーを何のためにつくるのだろう。
教育を目的にするのであれば、個人別のキャリア計画と連動させる必要がある。
新事業あるいは海外進出などを図るためのメンバー探しであれば、業務経験を探索できる必要がある。

ISO9001ではそれはできない。
目的が違うのだから。

スキルデータベースについて(1)

今から30数年前。コンピュータが企業に使われ始めたころ、スキルズ‐インベントリーという言葉が人事部門から出されたことがある。

おそらく、いつの時代も、どんな会社も「誰が何をできるのか」を知りたいと思ってデータベース化を目指すのだろうが、うまくシステム化されている例を私は知らない。

理由はいくつかある。

一つ目は、入力の動機付けを設定しにくいことにある。
人事異動を含めた人事情報や給与計算など、企業として管理しなくてはいけない事項はデータベース化しやすい。
一方で、入力を社員が行わなければわからない情報を管理するのは難しい。
制度化されている目標管理なども入力自体をシステム化していないと、なかなかデータベースにすることはできていない。
目標管理は、多くの場合には評価につながるので入力の動機付けになるが、自分の能力と云うことになると入力しても本人利益につながらないので動機付けにならない。
そもそもデータベースとして情報の整備がしにくい。
当然のことながら、データが欠損していてはデータベースの意味が無い。

二つ目は、維持管理が難しいことにある。
社員のスキルや能力は一定期間ごとに変化してゆく。レベルアップもあるだろうし、新たな能力開発もあるだろう。資格取得であれば、資格喪失などもある。
こうした、頻繁に質的変化がある項目について、データベースを維持することは最初に設計をしっかり行っていないとシステムとして成立しない。

では、どんな点に気をつけてデータベースを構築すべきだろうか。
下記に、留意点を示す。

(1)スキル項目自体をデータベースの管理項目とすること
スキルは、時代に応じて変わってくる。
製造業であっても、新しい技術が出現したり、新しい製造機械が出てきたりすると求められる能力が変わる。
今までは手作業で行っていたことが、例えばマシニングセンターでプログラムを入れることができる人材が必要になって来ていることも一例だろう。
また、新しい職種が出てくれば必要なスキルも変わる。
変化してゆく能力スキルを定義して管理するシステムも配慮すること。

(2)使う目的に従ってデータベースを設計すること
管理しやすいことを目的にしないこと。
使う目的を配慮した時に、どのようなデータベース構造にしておくと使いやすいかを考える必要がある。
この人はどんな経験をしてきたのだろうかと云うことを見たいのであれば、個人を中心としたデータベースになるだろうし、この技術の経験者を探したいということであれば、スキルを中心としたデータベースにすべきだろう。

(3)人は同じ状態でいないことを前提にすること
経験を積むことによって人は能力を高めてゆく。
逆に、現場を離れることによって失われる能力もある。
公的な資格などは、維持を求められることもあり、資格喪失もあり得る。
データベースでは、こうした時間経過を配慮した設計にする必要がある。

トリプルモニター

今年の春先に、デスクトップを廃止して、ノートパソコンをベースとした環境に変えた。
モニターは外付けで接続できるようにした。ダブルモニターだ。
27インチモニターも2万円を満たない金額で調達できたことも大きい。

27インチなので、作業画面が大きく問題は無いと思ったのだが、やはりなんとなく中途半端だ。
そこで、さらに拡張できないかと探していたら、下記を見つけた。

半信半疑であったが、とにかく試してみようと購入。
今日届いたので、早速接続。
おー!!!

これはなかなかいいかもしれない、

メールの同報配信について

この春先に、メールの同報配信システムについて問い合わせがあった。
久しぶりに思い出した。

メールの同報配信システムとして、フリーウエアとして「mmship」の名称で公開している。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se369007.html?_ga=2.32206139.447562481.1525586771-1205903697.1524701288

メールの同報発信のサービスはいくつもあるので独自にアプリケーションを作る必要はないものの、それでも「業務をアプリケーションに合わせる」というのはなんとなく釈然としない。そのため、もう少し使い勝手のよいモノをということで、配信先ごとにメッセージ(本文)を変えたり、添付ファイルを変えたりといった柔軟性のある配信を想定して開発をした。

作成した時期は、WindowsXPの時期なので、2000年から2005年、今から10年以上前になるだろう。いずれも「BASP21」というフリーのコンポーネントを用いている。
「BSP21」は性能の良いコンポーネントなのだが、フリー版はWindows10では動かないという報告もあり、見直しが必要になってきたことは認識していた。

それが春先に、問い合わせがあったこともあり、Windows10に併せて再開発を考えた。
基本的な考え方は変わらないものの、新しいバージョンとして、CDOを利用したものを作成することとする。

さて、パイロット版を公開する。
ダウンロードはこちらから。 → パイロット版・20180623

下記の特徴がある。
・Excelファイルなのでインストールなどは必要ない
・ソースコードは公開しているので改変自由である

さて、皆さんのニーズには合うだろうか。
意見をいただけるとありがたい。

 

近況:トラックポイントを交換

昨日、交換用のトラックポイントを購入した。

トラックポイントを知らない人に説明するのは難しいが、ThinkPadのキーボードの真ん中に着いている赤いぽっちのようなモノだ。

もうすでに10年近くたっているが、突然右肩が上がらなくなった。
上がらないだけでなく、右肩甲骨付近が痛み出し夜も寝られない状況が続いた。

医者に行きいろいろ試したが、要は「五十肩」なんだろう。
原因の一つは、マウスにあると思っている。

マウスを使う時には、右肘を少しあげて腕自体を空中に持ち上げる格好になる。
それならばと、トラックボールにしたがあまり姿勢は変わらない。

そのため、試しにThinkPadのキーボードにしてみた。

このキーボードはマウスは必要なく、キーボード中央のトラックポイントを操作するだけでよい。

最初は、少し戸惑ったが今では特に問題なく使える。

さて、こうして使い続けたキーボードなのだが、トラックポイントがすり減ってしまい表面がつるつるになった。
使えることは使えるのだが、強く表面を押さないとカードルが移動しない。
さすがに、「これは」と思い、交換した。

交換は、強く引っ張るととれるので、とった後に新しいモノを差し込むだけ。
交換に1分。「うーん、簡単」
お試しあれ。

マウスを使うようになったのは、Windowsが出始めた頃だろうから、1990年ぐらいか。
20年ぐらいマウスを使い続けたために右肩に負荷がかかったのだろうか?
それとも、単なる「五十肩」なのだろうか?
検証しようがない。

もし、肩に負担を感じたらThinkPadのキーボードも試してはどうか。

2018年6月14日

【メールの同胞配信システムについて】(2)要素技術の調査

■ メールに設定することで知っておくべき事柄

ほとんどの人はメールクライアントを設定する際にあまり気を遣っていないかもしれない。知らないですむことも多いはずだから。

しかし、実際にはいくつもの設定が求められている。

SMTPサーバーのドメイン名、ポート番号、SSL、認証などに関する情報になる。

下記を参考にしながら確認しておくことが必要となる。

■ SMTPサーバーはどこにある?

もともと、CDOはExchangeサーバーで動作させるオブジェクトとして用意されていたと考えられる。それは、下記の記載からもうかがえる。

CDO for Windows 2000

CDO for Windows 2000 は、CD0 2.0 または CDOSYS.DLL と呼ばれることもあります。この CDO for Windows 2000 の目的は、Windows 2000 でメッセージング アプリケーションを開発するためのオブジェクト モデルを提供することにあります。CDOSYS は、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) と Network News Transfer Protocol (NNTP) に基づいており、Microsoft Windows 2000 Server のインストールによりシステム コンポーネントとして利用することができます。これは、Windows 2000 Server での、メール配信用または Web を利用するメッセージング アプリケーションを作成するための標準 API です。

参照:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms978698.aspx

 

したがって、デフォルト設定は、プログラムを起動するパソコン(サーバー)にSMTPサーバーがあるという設定と思われる。

今回作成する、ツールは前提として外部のSMTPサーバーを使うという前提なので下記の設定が必要になる。

  .Item(CdoConfiguration.cdoSendUsingMethod) = CdoSendUsing.cdoSendUsingPort

 

設定する値はenumで下記の数値となる。

Name Value Description
cdoSendUsingPickup 1 Send message using the local SMTP service pickup directory.
cdoSendUsingPort 2 Send the message using the network (SMTP over the network).

参照:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms527265(v=exchg.10).aspx

これを怠ると、「”SendUsing”の構成値は無効です。」というメッセージが表示される。

■ サーバー設定、SSL

サーバーの基本設定は、まずはサーバー名とポート番号になる。

サーバー名とポート番号は、各人が契約しているプロバイダーからの情報になる。

一般的には、25だが、セキュリティの関係で他のポート番号を使う場合もある。

システムでは外部設定にしてある。下記のコードで実装している。

 

.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPServer) = smtpServer ‘SMTPサーバ名

.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPServerPort) = portNo ‘ポート№

 

ポート番号は標準では25だが、通信上のセキュリティの問題を抱えている。

これに対処するために、SMTP over SSL が使われることがあります。

当社の使用しているサイトであれば、ポート番号465を使います。

そのため、以下の設定を行います。

.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPUseSSL) = True

 

参考:https://rms-digicert.ne.jp/howto/basis/mail_tls_ssl.html

引用:

SMTP over SSL

メールクライアントとメールサーバーとの通信で利用されるだけでなく、メールリレーでのメールサーバー間の通信にも利用されます。

SMTP over SSLには、STARTTLSという接続方法と465番ポートを使う方法とがあります。

465番ポートを使う方法

最初から暗号化された接続が行われます。

■ 認証

メールを受信する際には、プロバイダが発行しているID・パスワードを使用し認証が必要とされるが、メールを送信する際は特に認証がない。そのため迷惑メール送信に悪用されるケースが多く見られ、一種の脆弱性とも受け取れる。

そこで考えられた技術として、送信時にもID・パスワードを必要とさせることで、サーバー、クライアント間で認証されたメールのみを許可することができるものである。

SMTP認証と呼ばれるものになる。

多くのプロバイダーで採用されている。

本システムでも、これを前提としている。

下記が対応するコードとなる。

.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPAuthenticate) = True

.Item(CdoConfiguration.cdoSendUserName) = loginId

.Item(CdoConfiguration.cdoSendPassword) = loginPassword

 

■ サーバー設定のその他の設定

.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPConnectionTimeout) = 60 ‘タイムアウト

.Item(CdoConfiguration.cdoLanguageCode) = CdoCharset.cdoShift_JIS ‘文字セット指定

 

文字セットは、以下のように定義されている。

 

CdoCharset Module

Constant Value
CdoBIG5 “big5”
CdoEUC_JP “euc-jp”
CdoEUC_KR “euc-kr”
CdoGB2312 “gb2312”
CdoISO_2022_JP “iso-2022-jp”
CdoISO_2022_KR “iso-2022-kr”
CdoISO_8859_1 “iso-8859-1”
CdoISO_8859_2 “iso-8859-2”
CdoISO_8859_3 “iso-8859-3”
CdoISO_8859_4 “iso-8859-4”
CdoISO_8859_5 “iso-8859-5”
CdoISO_8859_6 “iso-8859-6”
CdoISO_8859_7 “iso-8859-7”
CdoISO_8859_8 “iso-8859-8”
CdoISO_8859_9 “iso-8859-9”
cdoKOI8_R “koi8-r”
cdoShift_JIS “shift-jis”
CdoUS_ASCII “us-ascii”
CdoUTF_7 “utf-7”
CdoUTF_8 “utf-8”

 

参照:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms527267(v=exchg.10).aspx

 

ただし、デフォルトでは“ja”となっている。再確認が必要かもしれない。

 

■ メールごとに設定が必要なこと

 

メールごとに以下を設定する必要がある。

 

        .MimeFormatted = True ‘MIMEを使って書式設定

.From = loginId

.To = Sheets(tname).Cells(5, 2)

.Subject = Sheets(tname).Cells(5, 4)

.TextBody = “本文”

 

通常の処理ではCcやBccも必要かもしれないが、本システムでは不要になるだろう。

 

■ 添付ファイルの設定

 

添付ファイルの数だけ、下記を繰り返す。

 

cdoMsg.AddAttachment 添付ファイル名

 

■ 次の課題

 

さて、単発のメールであればよいのだが、連続して送信する場合、オブジェクトの使い回しができるかになる。

オブジェクトにはClearというメソッドがないので、多分大丈夫だろう。

さて。

 

2018年6月12日

【メールの同胞配信システムについて】(1)開発の開始

CDOを使ったメールの同胞配信システムを作成します。
現在(2018年6月11日)、技術調査レベルです。

■ 問い合わせのきっかけ

先日、mmship(当社が提供していたメールの同胞配信システム)について問い合わせがあった。少し変わった内容で、
① メルマガを発行している
② シリーズものなので、新たに登録したメンバーには、最初のメルマガから送りたい
という内容になる。

送る内容は、送付対象者ごとにカスタマイズすることになる。
mmshipも、こうしたことをある程度想定しているのだが、いかんせんジャストフィットはしない。

■ 旧のシステムでは対応できない

メールの同胞配信システムとして、フリーウエアとして「mmship」の名称で公開している。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se369007.html?_ga=2.32206139.447562481.1525586771-1205903697.1524701288

作成した時期は、WindowsXPの時期なので、2000年から2005年、今から10年以上前になるだろう。いずれも「BASP21」というフリーのコンポーネントを用いている。
「BSP21」は性能の良いコンポーネントなのだが、フリー版はWindows10では動かないという報告もあり、見直しが必要になってきた。

現在、メールの同胞発信のサービスはいくつもあるので独自にアプリケーションを作る必要はないものの、それでも「業務をアプリケーションに合わせる」というのはなんとなく釈然としない。やはり自分でしたいことにフィットしたものがなければ作るまでということだ。

mmshipは、配信先ごとにメッセージを変えたり、添付ファイルを変えたりといった柔軟性のある配信を想定していた。やはりコンセプトは変えない。
基本的な考え方は変わらないものの、新しいバージョンとして、CDOを利用したものを作成することとする。

■ 開発方針

さて、BASP21に変わるモノはないかと調べてみると、マイクロソフトが提供する、メール送信用のコンポーネントに
CDO(Microsoft Collaboration Data Objects)
というのがあることがわかった。

突然サポートが終了するということや、仕様が変更になることもあり得るが、まずは無料ということなのでこれを使ってやってみよう。

当社の基本方針としては、できるだけソースも公開してしまうという方針にしている。
特別な開発環境なしで提供できるので システム構成は「EXCEL & VBA」となる。

■ フィージビリティ/確認

まずは、いろいろなサイトを確認して実験。
下記で送信できることを確認した。

Dim objCDO As New CDO.Message
With objCDO
With .Configuration.Fields ‘設定項目
.Item(CdoConfiguration.cdoSendUsingMethod) = CdoSendUsing.cdoSendUsingPort
.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPServer) = smtpServer ‘SMTPサーバ名
.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPServerPort) = portNo ‘ポート№
.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPAuthenticate) = True
.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPUseSSL) = True
.Item(CdoConfiguration.cdoSendUserName) = loginId
.Item(CdoConfiguration.cdoSendPassword) = loginPassword
.Item(CdoConfiguration.cdoSMTPConnectionTimeout) = 80
.Update ‘設定を更新
End With
With .Fields
.Item(“urn:schemas:mailheader:X-Priority”) = 1
.Update ‘設定を更新
End With
.MimeFormatted = True ‘MIMEを使って書式設定
.From = loginId
.To = Sheets(tname).Cells(5, 2)
.Subject = Sheets(tname).Cells(5, 4)
.TextBody = “本文”
On Error Resume Next
.Send ‘送信
End With

まずは、簡単なモノはこれでできることを確認した。
めどが立った。
さて、開発の開始となる。

2018年6月11日

モニターの選び方:解像度は3;4か9:16か

この春先に、いろいろあって、デスクトップの環境から、ノート+27インチモニターの環境に切り替えた。

ついでに、Officeも最新版に切り替えた。

新しいパワポで新しいスライドを作ろうとしたら、妙に横長のデザインになった。
なんとも違和感があるのと同時に、そういえば、客先からもらった資料も横長だったことを思い出した。

何だろうと不思議に思って、メニューを眺めていると「スライドのサイズ」という文字が目に入った。
クリックすると標準(4:3)とワイド画面(16:9)を選択できるようになっている。

そうか!そういえば画面解像度は1920×1080で16:9だ。
結局テレビと一緒か。

印刷ではなくモニターで写せるサイズに最適化していたのかと納得。
あらためて、解像度を考えてみる。

今時こんな区分をしているかわからないのだが、

VGA 640×480
SVGA 800×600
XVGA 1024×768
WXVGA 1280×800

というのが一般的で、WXGA以外は4:3の比率になっている。
この比率が崩れだしたのは、おそらくWXGA以降のことなのだろう。

さて、モニターの購入にあたっては、
・適当な価格に収まっていること(5万円以内が望ましい)
・大きすぎず小さすぎないこと(今所有の21インチ以上、机におけること30インチ以内)
で、結局は、冒頭の機種になった。

さて、もう一つ注しなければいけないことは解像度。

27インチ 1092×1080
31.5インチ 2560×1440
42.5インチ 3840インチ×2160インチ

いずれも、9:16になっている。
私のように、ノートと接続して主モニターとして使うのであれば、解像度を合わせておかないと使い勝手が悪い。