情報技術

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報技術アラカルト

このブロックでは、情報技術に関することを特に整理せず、思いつくまま記載します。

記事一覧

2020年3月3日
《AIを使えるかどうかが鍵になるかもしれない》
2020年3月3日
《テクノロジーの理解が経営者のリーダーシップを左右する》
2020年3月1日
《テレワークを支える技術》
2020年2月9日
《AIに関する誤解 答えを示してくれる》
2020年2月6日
《AIを活用するために POCの罠と言う言葉》
2020年2月6日
《AIを活用するために シングルプラットフォーム》
2020年2月1日
《AIに関する誤解 20100201 AIとは何かを定義しないで議論をしないこと》
2020年1月30日
AIに関する誤解 20100130 AIに任せておけば善いという誤解
› 続きを読む

最新記事

《AIを使えるかどうかが鍵になるかもしれない》

『倉庫業務が物流コスト全体に占める比率は推定約20%であり、倉庫関連コストの65%が商品かを棚から取り出すピッキング作業にまつわるものである。ほとんどの倉庫では今なお、紙のリストを基に取り出すべき商品を把握して、現物を探している。これでは時間がかかり、間違いも起きやすい。』
(テクノロジー経営の教科書 ダイアモンド社 より)

楽天/「送料込み」法令上の問題はない
https://www.ryutsuu.biz/government/m030245.html

で見る一連の騒動は送料を誰に負担させるのかと言うことでの法令上の問題と楽天がライバル視するアマゾンへの対抗という視点が交叉していることが混在していることがあげられる。

しかし、いったん倉庫に集めて配送するアマゾンのビジネスモデルと店舗の軒先を貸しているだけの楽天のビジネスモデルでは決定的な差がある。
たしかにアマゾンの倉庫にはブラックな面があり批判の対象となっているが、今後、AIやAR、ロボティクスが進行すると、物流コストに圧倒的な差が出てくる。

楽天が各店舗でのピッキングを行い配送するというコスト面のハンディキャップを解消できない以上、物流面での効率化や生産性向上は見込めない。いくら配送料を無料にしますと行っても、自腹で負担する気のない楽天のビジネスモデルには未来を感じない。

› 続きを読む