経営を強くする戦略人事

このエントリーをはてなブックマークに追加

知人のコンサルタントが下記の書籍を上梓した。

彼らは人材マネジメントを専門分野にしているのでいわゆる人事部向けの書籍になっている。
ただし、単なる観念論や一般的なべき論ではなく、具体的な公道レベルの話が中心になっている。
教科書というよりはトレーニングツールとして使ってもよい内容になっている。

著者たちの問題意識がそのまま反映されている気がする。
巷の、結局は使えない書籍に比べるとかなり実用的になっている。

一方で、理想論的なアプローチではあるが、すべての企業や人材マネジメントに係る人が実践できるかと言えば「YES」と答えられない。読む側が問題意識をもって自社に適用することを実践するしかない。

各会社で、経営資源としtの人材をどう戦略上に位置付けるかを悩んでいる人にはぜひ読んでほしい。
すべてを適用する必要はない。
興味のある部分だけを読んでみてもよいだろう。

ただし、読むだけで終わらせないでほしい。
実践してほしい。

できれば、著者にフィードバックしてもらえると彼らも書いたかいがあるのではないか。
連絡先が分からないのであれば公開質問をしてはどうか。

久しぶりにしっかりした本に出合った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA