境界線のなくなる世界

石川の2信金合併 北陸と鶴来、20年9月メド
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50060610Q9A920C1LB0000/
 
あまり衆目を集めなかったようなのだが、少し気になったというか、この路線でしか立ちゆかなくなったのかと思うような記事。
 
「超低金利の長期化や人口減少で地域金融機関の収益環境が厳しくなる中、店舗運営の効率化や人員の有効活用を進め経営体力を高める。」
 
とあるように、規模の拡大で経営資源の再配分をしなければ存在意義もなくなるのだろう。
すでに、数年前に石川銀行という地銀が破綻しており、信金の再編の以前に地銀の再編も始まっている。
 
都市銀はどうかと云えば、ATMの共同化などで、店舗の再編をはじめ省力化も進めている。
 
銀行ATM、月30万円の維持費が重荷 共通化の時代へ
https://www.asahi.com/articles/ASM9N5RGVM9NULFA02W.html
 
少子高齢化で顧客が減る中で電子マネーの普及や電子決済、インターネットバンキングの普及などで、銀行の窓口だけでなくATMの利用も減ってゆくのだろう。
 
既存のビジネスモデルである、個人からお金を預かり、企業に貸し出して利ざやを稼ぐビジネスは発想を変えないと致命的になりかねない。
 
地銀の「余命」ランキング、17行が本業不振で風前のともしび
https://diamond.jp/articles/-/214869
 
と言う記事が現実味を帯び始めている。
 
新しいサービスが魔法のように思いつくわけではない。
イノベーションが「カタツムリのようなのろさの中で積み上げてきたものが突然姿を現す」ものであれば、今をしっかり生きる、明日をいつも見据える発想が必要になる。
 
そうした組織作りができるか、働く人たちとどう価値観を作り上げてゆけるのかがリーダーに求められる。
 
さて、今の銀行業のトップのひとたちは目の前でなく、その先を見据える資質があるのだろうか?不安だ・・・

セブンイレブンジャパンの向き合う相手

何を置き去りにしたのだろう?

セブン-イレブン・ジャパンは「独占禁止法に違反」。オーナーらの主張を解説


セブン-イレブン・ジャパンは「独占禁止法に違反」。オーナーらの主張を解説

大手コンビニエンスストアのセブン-イレブン・ジャパンの圧倒的な強みは、商品開発力の機動力でしょう。
・・・
店舗のフロントラインも日々の顧客と向き合い「仮説-検証」に励みます。店舗における「仮説-検証」は、明日の天気予報、今上のイベント情報などを元に明日の売れ筋の仮説を立てて発注し、結果をPOSTシステムで検証する仕組みです。
・・・
セブン-イレブンには、各店舗で経営のアドバイスを行うOFCが全国各地にいます。OFCは、店舗オーナーやスタッフと直接対面の場を共有しながら、「親身な対話」を継続します。一国一城の主であるオーナーは一筋縄では行きません・
・・・
ここに独立した加盟店を守る責任を負うフランチャイズビジネスは、人間的な相互信頼確立と知の共創の場となっています。

「共感の哲学」で読み解く動態経営論  野中郁次郎・山口一郎 より

こうした、成功事例を取り上げる書籍や、鈴木敏文さんの関連図書などでは、戦略としてセブンイレブンをベンチマークとして指し示す記事が多い。

おそらく業績などをとっても、優れた経営の手本なのかもしれない。
人間的な相互信頼関係もおろそかにしているわけではないだろう。

それでも冒頭のような記事が出てしまうのはなぜなのだろう。
これだけではなく、期限切れの弁当の販売や実質的な24時間営業の強要などは、フランチャイズ先をないがしろにしているとしか思えない。

https://dot.asahi.com/dol/2019060300018.html?page=1
コンビニ経営は地獄だった、元オーナーの回顧

は氷山の一角なのだろうか?

「仮説-検証」というが、仮説でいる以上、リスクが伴う。仮説のリスクは誰が負うのか?オーナーに押しつけていないのか?

透けて見えるのは、本社であることを背景とした現場担当者の独善だろう。
顧客に向き合い、本社に向き合っているが、「フランチャイズオーナー」には向き合っていないように見える。

そこには、下請けは業者であり搾取しても誰もとがめないなどと行った時代錯誤が醸成されていないかを考える必要がある。

とはいえ、セブンイレブンも先のセブンペイの事件を始め、迷走しているように見える。

社長交代会見で語られたセブン-イレブンの経営課題と戦略大転換


社長交代会見で語られたセブン-イレブンの経営課題と戦略大転換

でも人財について述べられているが、自己都合の話ばかりで、オーナーへの配慮はどうなのだろう。

「われわれには加盟店オーナーさまを守る義務がある。今回の実験結果や、営業時間短縮で生じるリスクについてもしっかりお伝えし、そのうえで個店ごとにこれからの営業体制について決めていく」

と引用されている。

冒頭の文献での引用。

「独立した加盟店を守る責任を負うフランチャイズビジネスは、人間的な相互信頼確立と知の共創の場」が絵空事でないことをいのる。

専用端末がなくなる日

先日のスマホで注文をとっていたことをアップしたら、思わぬコメントをいただきました。
感謝!!!

すでにこうしたハンディターミナルの代わりにスマフォやタブレットを使うと云うことは5年前からやっているらしいと云うことは、なるほどと思うことがある。

普段都心に行かなくなって大分立つのでこの辺は疎い。ご容赦を。
と言うことで、いつものようにインターネットをうろうろしてみる。

◎タブレットでのレジ

https://www.foods-ch.com/gaishoku/1568692881681/
飲食店で使えるタブレット型POSレジ。軽減税率・キャッシュレス対応、無料で使える製品も登場

「タブレット レジ」で検索すると、同じような記事は日経新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49883880X10C19A9TJ3000/)にでも出ているが、まぁこの辺が無難かな?

レジをタブレットでと言うのは数年前から聞いていたので、実はこの辺はあまり驚かない。当時「レジの会社も戦略を変えないと大変だなぁ」と思ったことを記憶している。

それでも普及は進んでいるのだろうなぁと云うことは想像できる。

◎スマホで注文

キーワードで「スマホ 注文」というと、ほとんどは「セルフオーダー」の話が出てくる。
わたしが、今回注目したのは、フロアースタッフ(店員)が使っていたことだ。

セルフオーダーという意味ではタブレットで注文を客がするというスタイルの居酒屋があった。食べ物の量とか食材の種類とか写真だけではわからないいろいろなことを知りたいので、私としては不愉快だった。できるだけ行きたくない。

そうした、お客様との接点を失わない様にしながらITを使う取り組みの一礼になりそうで面白いと感じた。

◎レジ会社の戦略

手近なところで「東芝テック」のサイトを眺めてみる。
当然製品はレジだけではないが、ビジネスレポートを見ているとなかなか面白いこともわかる。(https://www.toshibatec.co.jp/file/94jigyou.pdf)
・インターネット時代よろしくクラウドサービスも視野に入れていること
・レジから集めた情報を共有することで生産性向上や効率化を支援しようとしていること(ものからことへの意識の転換)
・スマフォなどの汎用端末でのサービスも視野に入れていること
こうした大手も参入すると云うことになると、弱小のアイデア勝負の企業では太刀打ちできないかもしれない。
もっとも市場をニッチに絞ってやると云うことであればいろいろ市場は拡大しそうだ。
とはいえ、専用のレジの需要は減っているのではないかと思うのが同社の業績だ。

どうも減収減益に見える。

◎ブロンコビリーで気がついたこといろいろ

家内と食事に出るということはあまりあることではなく、たまに出るといろいろ発見があって面白い。
この店に来るのも半年ぶりぐらい、下手したら一年ぶりぐらいなのでいろいろ「へー」と思うことがあった。

・肉がウルグアイ産
以前来たときには「オーストラリア産」だった気がするのだが、ステーキ肉が「ウルグアイ産」になっていた。
どうもTPPの関係らしい。と言うことを後で知った。
(https://www.ryutsuu.biz/commodity/l052044.html)

今までは、カナダ、オーストラリアがライバルだったのにウルグアイまで出てきたらアメリカも穏やかではないだろう。ヤクザよろしく恫喝する気持ちもわかる。

・細かいサービスの向上
記憶なので、もしかしたら勘違いかもしれないが
-ナイフとフォークの他に箸もデフォルトでついてくる(以前は頼んでいた気がする)
-サラダバー用の皿を、食べ終わるごとに取り替えてくれる(以前はそのまま)
そのほか、スタッフのフロア内での空白地帯をつくらないようにしているように見える。
お客さんが手を上げるとほとんどノータイムで来る。

・味をきかれた
お食事はいかがでしたかと、食器を下げに来た人にもレジの一にも聞かれた。
これは「何だろう?」と思いをはせてしまった。
うーん・・・もう少し聞いてみれば良かった。

さて、たまに外に出るといろいろ観察してしまう。
職業病か?(って何の職業だよ!!)

IT技術の活用は進んでいない

IoTは口先だけなのか?

落ち着いて話題として取り上げられるようになったかと思うのでコメントを残す。
少し偏見があるので、あらかじめエキスキューズ。

台風15号で浮き彫り、日本人の「社畜マインド」の根深さ
https://diamond.jp/articles/-/214522?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor&utm_content=free

この写真に似たシーンは、当日のニュースで終日見ていた。
会社から休めと言われない限り出勤する人々を見て、異様に感じていた。
自ら考えることを放棄した社員で構成されている企業に未来はあるのだろうか?

さて、「働き方改革」などとまことしやかに喧伝されている、実態はお寒いことはよくわかった。
私は時々、クライアントと全く会わないで仕事をすることがある。もちろん、直接顔をつきあわせないとわからないこともあるので、ケースバイケースだ。

その時に活躍するのが、TV会議とメール、及び(OnTimeもしくはOfTimeで)共同編集できるファイルシステムになる。非常用の連絡にはスマホが活躍する。

運動不足は心配だが、必ずしも自宅を出る必要は無い。

都内の特定の場所に集まらないと業務で進まないというのは、結局はIoTは戯れ言なのだと感じる。

まっとうな事業推進者なら、プランB(社員を自宅で仕事をさせる環境構築)ぐらいは実施してほしい。
企業や働く人の無能さを感じた。

コンビニの無人化の目的は会社側の自己都合ではうまく行かない

しばらく前に、コンビニの無人化と云うことをとりあげたことがある。
・ゲートをくぐると自動的に決済用カードなどを識別する
・商品にはタグがあり、ゲートを出るときには自動的に決済される
という、今の技術ではすぐにはできないことや運用上の問題はあるものの、「冷蔵庫を開けて冷たいものを飲む」と云った手軽さが実現できたら面白いのにと思ったのが背景にある。

いわゆる「人手不足」などは副次的なことで考えていたが、企業側としてはそうも行かないのだろう。
生産性向上と人手不足解消の発想でいるのだと思う。

あちこちのサイトを眺めるのを習慣としていると、へーと思うような記事に出くわすことがある。一年ぐらい前の記事で、以下のような文節を見つけた。

「中国でもアリババやテンセントのほか「ビンゴボックス」などの無人コンビニが急増中だ。アマゾン・ゴーと違い、買い物客が自分で商品のバーコードをスキャンし、「アリペイ」などのQRコードで代金をスマホ決済する仕組みを採用している。」

そういえば、「アマゾン・ゴー」ってあったなと思うが、あまり日本で普及したという話を聞かない。
無人店舗などは、それが必然で無い限り普及はしないだろうなと思ったら、同じ考え方の記事を見つけた。

2018.9.26
中国で「無人コンビニ」急拡大も日本では簡単に普及しない理由
https://diamond.jp/articles/-/180518

結構身も蓋もない結論だが、以下が要諦になるだろう。

「中国の無人コンビニのサプライチェーンがどうなっているかは詳しいところまでは分からないが、おそらく発注は人が巡回して点検を行い、補充や廃棄という店舗運営に関わる大部分の作業も配送員などの人がやっているとみられる。決済だけを効率化しても全体最適にはならない。」

「商品だって消費期限の長い商品やナショナルブランドばかり置いていては他の店舗に対し差別化にもならないし、利幅も少ない。だからこそ、日本のコンビニは“独自商品の開発”を競っている。」

「中国の無人コンビニでは、近くに有人の管理された、独自の商品がしっかりとそろっているコンビニができたら、一発で駆逐されてしまうであろう。」

「有人コンビニはレジが空いていなければ「待つ」という煩わしさはある。だが、品ぞろえが豊富であり、魅力的な独自商品がある有人コンビニが選ばれるのは間違いない。つまり、今のところ無人コンビニの競争力はないに等しい。」

最近、スーパーなどで無人レジが導入されているところもあるが、少なくとも私の家族からは不評だ。
本来店にやってもらってほしいこと(一つ一つの商品の金額の確認、レジ袋の判断など)を押しつけられていると感じているのだと思う。
”なぜ店の都合を押しつけるのか?”と言う発想が出てくると困る。
”私たちの困りごと”を解決するという発想がないと普及しないのではないか?

私のよく行くスーパーでは、高齢者が多いせいだろうか
・ばら売りの野菜などのむき出しのものはレジ打ちと同時に袋に入れる
・財布からお金を出す時間がかかるので、その間にいくつかの商品を袋に入れてくれる
・ひとりフリーの店員さんがおり、商品の入っているかごをレジ横の棚に運んでくれる
と言うことをやっている。
こうしたことはいきなりではなく、少しずつ進化しているように見える。

さて、自分でATMもどきの機械に対処し、自分で商品をレジ袋に入れると言う店と、人間が対峙してくれる店はどう共存してゆくのだろう。

そうそう、コンビニかスーパーかの選択基準は商品の種類だ。決済の利便性ではない。

豊かさ指数/幸せ指数

「幸福度ランキング」という指数があり、県別に順位を競っているらしい。
伝聞では、埼玉県は最下位になってしまい、当時の知事(土屋氏)が異議を唱えて中止になったとか。

とはいえ、未だにランキングは行われているようだ。

私はと言えば、時々地方に出向くことがあり、限られてはいるが時間を見つけてはぶらぶらする。

そうした中で見る風景は、ここ埼玉や東京で見る景色とは異なり、「美しさ」を内包している。この地に来るには新幹線でしか来ることはないだろうが、東京からはそれほど時間はかからない。なかなか移住とは行かないが、憧れは生まれてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言った話を地元の人に言ったら、「冬は雪で大変だし、し仕事もないぜぇ」と揶揄された。

それでも、普通の回転寿司でこれを食えるなら考えてしまう。

「オープンイノベーション」と唱えればいいわけではない

一昨年ぐらいだろうか。
初めて「オープンイノベーション」と言う言葉に触れ、興味を持って調べたことがある。
その過程では、チェスブローの書籍なども読んだ。

私の理解は、
・テーブルに自分の手札をすべて出せ(技術を誰でもが使える環境にする)
・過日(イノベーションや知見)を独り占めにするな
これにより
・素早く多くのイノベーションを世の中に出してゆく
・これにより新しい市場や世界をつくってゆく
ことを加速させると言うことだろう。

しかし、私が見聞きする事例は、口では「オープンイノベーション」と呪文のように唱えているが、とてもオープンイノベーションとは思えない。
・秘匿している大学との共同研究(産学協同)
・業界団体での共通の取り組み
・自社主導の異業種交流
などを取り上げ、インバウンド型、アウトバウンド型、協働型などと類型化しているが、悪い冗談としか思えない。

イライラ感が大きかったのだが、面白い記事を見つけた。

ダイキン、「重要特許を無償開放」の衝撃
「誰1人取り残さない」環境志向の新・特許戦略
https://toyokeizai.net/articles/-/294286

この中で
「R32を用いたエアコンに他社が対象特許を使用しても、ダイキンはその権利を主張しない」
と言う一文は、様々な可能性を引き出す。
心配されるのは、同じ製品を出されるということはある。どこかの国がパチモンを大量生産するというリスクはあるだろう。

それでも、プライドのある企業が理想世界を考る時に制約条件が無くなるのは大きい。
この技術と他の技術との組合わせが自由になる。
これは、今までつくりたくても作れないことへの解放になるだろう。

かつでデンソーがQRコードの特許を開放したことで世界が広がったことを思い出してほしい。

難しいのは、オープンイノベーションを自社のビジネスモデルに組み込むことだ。
その道筋がないのに「オープンイノベーション」などという言葉は使ってほしくない。